ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Folle blanche
Folle blanche B

昨日の Folignan の「父」であるのは間違いない白葡萄、つい最近まで VDQS だった Gros plant du Pays Nantais のときはこの葡萄単一(monocépage)で造られていたのですが、アペラシヨンに昇格してから法律の葡萄規定が変わりました。

まずは VDQS Gros plant du Pays Nantais の原本(後の修正を含む)をご覧ください。消えてしまいそうなので魚拓を取りましたがこちら、葡萄規定は見つけにくいのでコピーさせて頂くと

II - Cépage autorisé
Gros plant exclusivement.

これは第5章のⅡにある短い文章で、フォル・ブランシュのシノニムである「グロ・プランに限られる」とされていました。

現在のアペラシヨン規定

1°- Encépagement
Les vins sont issus des cépages suivants :
- cépage principal : folle blanche B ;
- cépages accessoires : colombard B, montils B.
2°- Règles de proportion à l’exploitation
a) - La conformité de l’encépagement est appréciée sur la totalité des parcelles de l’exploitation
produisant le vin de l’appellation d’origine contrôlée.
b) - La proportion du cépage principal est supérieure ou égale à 70 % de l’encépagement.
La proportion du cépage colombard B est inférieure ou égale à 10 % de l’encépagement.

残念ながら現在は主要葡萄としての存在であり、補助葡萄とブレンドしても構わないという規定(フォル・ブランシュは70%以上、コロンバールは10%以下、モンティールは30%以下)ですが生産者によってはフォル・ブランシュだけで醸造する場合も勿論あります。

さてフォル・ブランシュの画像は元祖フランス葡萄品種のサイト新フランス葡萄品種のサイトをご覧ください。

VIVC のサイトはこちら、それぞれのサイトにある通りこの葡萄の祖先はフランスでは忌み嫌われたグエ、正式名称ホイニッシュ・ヴァイスであり、今判っていることはホイニッシュ・ヴァイスがフォル・ブランシュの「母」であるということ。

新フランス葡萄品種のサイトから栽培面積の推移を見ると 1958年の 15,865ha から徐々にというかかなり減っていき 2011年現在 1,468ha となっています。

ブランデーといえばコニャックとアルマニャックですがそれに付随して造られるヴァン・ド・リキュールにも使われています。コニャック地方のヴァン・ド・リキュールはピノー・デ・シャラント、アルマニャック地方のそれはフロック・ド・ガスコーニュ。後者では元々主たる葡萄だったはずですが現在は補助葡萄、こちらを開いて中程にフロック・ド・ガスコーニュがありますが葡萄規定は白ワインとして

a) - Les vins de liqueur blancs sont élaborés à partir de moûts issus des cépages suivants :
- cépages principaux : colombard B, gros manseng B, ugni blanc B ;
- cépages accessoires : baroque B, folle blanche B, mauzac B, petit manseng B, sauvignon B, sauvignon gris G, sémillon B.

少し前の法令では

1. Pour les vins de liqueur blanc : Baroque, Colombard, Folle blanche, Gros Manseng, Petit Manseng, Mauzac, Sauvignon, Sémillon, Ugni blanc.
Les cépages Colombard, Gros Manseng et Ugni blanc doivent ensemble représenter au moins 70 p. 100 de l'encépagement. Aucun cépage blanc ne pourra intervenir dans l'encépagement à plus de 50 p. 100 à partir de la récolte de 1996.

ピノー・デ・シャラントは2011年11月の法令は

V. - Encépagement
Les vins de liqueur blancs sont élaborés à partir de moûts issus des cépages suivants : cabernet franc N, cabernet-sauvignon N, colombard B, folle blanche B, jurançon blanc B, merlot blanc B, merlot N, meslier Saint-François B, montils B, sauvignon B, sémillon B et ugni blanc B.

Les vins de liqueur rosés ou rouges sont élaborés à partir de moûts issus des cépages suivants : cabernet franc N, cabernet-sauvignon N, malbec N et merlot N.

1985年頃は

- pour le « Pineau des Charentes » blanc :
Saint-Emilion, Folle-blanche, Colombard, Blanc rosé, Jurançon blanc, Montils, Sémillon, Sauvignon, Merlot blanc.

- pour le « Pineau des Charentes » rosé :
Cabernet Sauvignon, Cabernet Franc, Malbec et Merlot rouge.

| ワイン雑感 |
| 02:54 PM | comments (0) | trackback (x) |
コメント

PAGE TOP ↑
コメントする








絵の中の文字を入力して下さい:



PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::Folle blanche
All Rights Reserved./Skin:oct