ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Cot N その2
これについては拙ブログのこちらで書きました。

ですがフランス農学研究所のサイトではこの品種はフランス・ミディ・ピレネー圏、カオール地区原産の固有品種であるとしています。そのペディグリーについては触れていないので交配種であるとは認めていないのでしょう。

さてコ、もしくはコットというよりマルベックという方が親しみやすいかも知れないこの品種ですがワインとしては一番有名なのがカオールのはずです。そのカオールの現在の葡萄品種規定は次の通りです。

1°- Encépagement
Les vins sont issus des cépages suivants :
- cépage principal : cot N (également appelé malbec) ;
- cépages accessoires : merlot N et tannat N.

2°- Règles de proportion à l’exploitation
a) - La conformité de l’encépagement est appréciée sur la totalité des parcelles de l’exploitation produisant le vin de l’appellation d’origine contrôlée.
b) - La proportion du cépage cot N est supérieure ou égale à 70 % de l’encépagement.

即ちコットが 70% 以上、メルロー・ノワールとタナの合計で 30% 以下。もちろんコットが 100% でも構わない訳です。

ちょっと前ではこちらから

Article 2
Remplacé, D. 4 août 1992
Les vins ayant droit à l'appellation d'origine contrôlée « Cahors » doivent provenir des cépages suivants, à l'exclusion de tous autres : Cot noir, Merlot noir, Tannat noir, Jurançon noir :

- le Cot doit représenter au minimum 70 p.100 de l'encépagement ;
- le Merlot et le Tannat doivent représenter ensemble au maximum 30 p.100 de l'encépagement.

Les vignes plantées en jurançon noir n'auront plus droit à l'appellation d'origine contrôlée « Cahors » à partir de la récolte 1996.

ちょっと前まではメルロー・ノワールとタナの他ジュランソン・ノワールも補助品種的に認められていたのですが 1996年の収穫を以て栽培してもアペラシヨン・カオールとしては使えなくなりました。

カオールから実質的に消えた葡萄品種ジュランソン・ノワールですが VIVC のサイトからこちらをご覧下さい。このジュランソン・ノワールはフォル・ブランシュを母方、コットを父方とする交配種であります。ですから敢えて排除する必要性があったのか甚だ疑問であります。メルロー・ノワールはマグドレーヌ・ノワール・デ・シャラントとカベルネ・フランの交配種ということはコットとメルロー・ノワールは親戚みたいな関係。

| ワイン雑感 |
| 12:49 PM | comments (0) | trackback (x) |
コメント

PAGE TOP ↑
コメントする








絵の中の文字を入力して下さい:



PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::Cot N その2
All Rights Reserved./Skin:oct