ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Chatus
Chatus N

シャチョーと違って「シャチュー」と発音する黒葡萄、現在フランスでこの品種を栽培しているのはこちらからアルデッシュ県内に限られているみたいです。こちらのサイトではこの品種を栽培している生産者を紹介していますが大半が協同組合です。

新フランス葡萄品種のサイトを見るとフランス全土での栽培面積は 2011年で 64ha 、1988年では僅か 18ha にまで落ち込んでいただけに最近は持ち直したみたいです。フランス語ですがこちらにこの品種の復活について書かれています。

元祖のサイトからフィロキセラ襲来以前ではイゼール県、ドローム県そしてアルデッシュ県などで広く栽培されていた模様。即ちフィロキセラのため絶滅寸前まで追い込まれた品種と云うことでしょうね。

現在はアルデッシュ県にしか見られないはずですが、IGP の法令に目を通すと遠く離れた IGP Périgord の他 IGP Alpes-Maritimes など15以上のIGP にその名があるのは不自然という他ありません。

| ワイン雑感 |
| 02:05 PM | comments (0) | trackback (x) |
コメント

PAGE TOP ↑
コメントする








絵の中の文字を入力して下さい:



PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::Chatus
All Rights Reserved./Skin:oct