ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Brun Fourca N
Brun Fourca N

ブリュン・フルカのはずですが、茶色・ブラウンの意味のフランス語表記ですのでブラン・フルカと発音する人も多いみたいです。LISTE A1 DES VARIETES DE VIGNE INSCRITES AU CATALOGUE OFFICIEL の A から始まりやっと B の最終まで辿り着きました。

今まで調べた結果を総合すると葡萄品種の解明まではほど遠いのが今の段階であるということ。品種の原産地は統一見解など殆どありません。また品種名はこれからの遺伝子的解析が進むに従い、更に増えたり或いは減ったりする可能性があります。

一冊の本に纏めるというのは時期尚早と考えます。

さてこの Brun Fourca という品種ですが、元祖フランス葡萄品種のサイトには載っていません。新フランス葡萄品種のサイトにはちゃんと載っています。こちらによるとフランスはプロヴァンス地方原産の黒品種とのこと。ですが栽培面積を示すグラフは見当たりません。

フランス農学研究所のサイトによるとプロヴァンス・アルプ・コートダジュール圏のヴァール県原産としています。

VIVCのサイトはこちら、フランス原産黒葡萄でワイン用、シノニムは 25 例報告されています。

さて昔の法令ではアペラシヨン・パレットにその品種名がありましたが、現行法では残念ながら補助品種となっています。アペラシヨン・パレットについては拙ブログのこちらなどをご参考に。

| ワイン雑感 |
| 12:25 PM | comments (0) | trackback (x) |
コメント

PAGE TOP ↑
コメントする








絵の中の文字を入力して下さい:



PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::Brun Fourca N
All Rights Reserved./Skin:oct