ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Béclan N
Béclan N

ベクラン、末尾にNが付いているので黒葡萄なのですが VIVC のサイトによると正式名称は BECLAN PETIT ベクラン・プティ。葡萄の粒が小さいのでしょうね。

画像は元祖フランス葡萄品種のサイトからこちらをご覧下さい。こちらでの名称は le Béclan noir ベクラン・ノワール、原産地はフランシュ・コンテでその昔はボージョレで栽培された品種とあります。

シノニムについては

- Synonymie : petit béclan dans le Jura, baclan, petit margillin, roussette noire, saunoir

と記載があります。ジュラではプティ・ベクラン、バクラン、プティ・マルジラン、ルーセット・ノワール、ソーノワール。

新フランス葡萄品種のサイトはこちらで元々栽培面積はフランス全土でも 15ha (1958年)しかありませんでしたが、特に1988年以降はガタ減りで 2011年では雀の涙と云われても仕方ない 0.3ha となっています。

フランス農学研究所のサイトはこちらで、フランシュ・コンテはジュラ県の原産としているだけです。

さてVIVCのサイトはこちら、フランス原産としかありませんが黒品種でシノニムは17 報告されています。

BACCALAN
BACLAN
BECCLAN
BEIKIAN
BEITRIAN
DURAU
DUREAU
DURET
MARGILLIN PETIT
PETIT BECLAN
PETIT DUREAU
PETIT MARGILLIN
ROUSETTE NOIRE
SAUNOIR
SAUT NOIR
SCEAU NOIR
SEAUT NOIR

元祖で表示される「Béclan noir」はありません。

フランスでは恐らく絶滅危惧種なのでしょうね。
| ワイン雑感 |
| 05:56 PM | comments (0) | trackback (x) |
コメント

PAGE TOP ↑
コメントする








絵の中の文字を入力して下さい:



PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::Béclan N
All Rights Reserved./Skin:oct