ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Alphonse Lavallée N
Alphonse Lavallée

アルフォンス・ラヴァレ、人物の名前そのまま葡萄の名前にしたのでしょうか。ワイン関連の葡萄ではなく、その用途は専ら食用のはずですのでワインの教科書には載っていない黒葡萄品種であります。

画像は元祖フランス葡萄品種のサイトをご覧下さい。こちらではこの品種の起源については全く不明としており気が付けばイギリスで温室栽培されていたとあります。

また新フランス葡萄品種のサイトもその起源については不明で19世紀後半には出現していたとしています。グラフを見るとフランス全土で 1979年には 5,255ha も植えられていたのですが、2008年では僅か 938ha となっており、人気の点ではイマイチという感じなのでしょうか。

さてVIVC のサイトを見ると全く異なる見解を示しています。アルフォンス・ラヴァレの起源は

KHARISTVALA KOLKHURI × MUSCAT HAMBURG

母方カリストヴァラ・コルクリ?、父方マスカット・ハンブルグから生まれた葡萄としています。KHARISTVALA KOLKHURI はグルジア共和国原産の黒葡萄、マスカット・ハンブルグは先日 Aleatico のときに説明させて頂きました。

葡萄品種の遺伝子解析はまだまだ始まったばかりであります。昨日申し上げたボージョレ・ヴィラージュの AOC 廃止の件ですが、ついでに調べてみると葡萄品種にも大幅な変更がありました。2004年11月26日付の AOC Beaujolais Villages の法律原文をウェブ魚拓取らせて頂きました。

葡萄品種について次のような記載があります。先日と重なる部分もありますが葡萄品種のみ太字で表しますのでご参考までに。

Article 4
1° Les vins rouges et rosés proviennent du cépage Gamay N.

Toutefois, jusqu’à la récolte 2015, les vins issus de parcelles plantées en pinot noir N dans la limite maximale de 15 % de l’encépagement peuvent être utilisés en assemblage.
L’encépagement est compris comme celui de la totalité des parcelles de l’exploitation produisant le vin de l’appellation pour la couleur considérée.
L’usage d’incorporer en mélange dans les vignes destinées à produire les vins à appellation d’origine contrôlée « Beaujolais Villages » et « Beaujolais » suivie du nom de la commune d’origine un certain nombre de plants de Chardonnay B, Aligoté B, Melon B, Pinot noir N ou Pinot gris G, et dont le pourcentage global peut s’élever à 15 % au plus, reste autorisé.

2° Les vins blancs proviennent du cépage Chardonnay B.
Les vins blancs peuvent également, pour les vignes en place avant le 28 novembre 2004, provenir du cépage Aligoté B jusqu’à la récolte 2024 incluse.

ところが現在の法律は

Encépagement :
Le cépage rouge est le gamay noir.
Les cépages accessoires gamay de Bouze et gamay de Chaudenay sont autorisés, ensemble ou séparément, à hauteur de 10% maximum de l’encépagement.

Les cépages aligoté, chardonnay, melon, pinot gris et pinot noir sont autorisés uniquement en mélange de plants dans les vignes, avec un maximum de 15%. Le pinot noir est toléré jusqu’à 15 % de l‘encépagement et dans l’assemblage des vins jusqu’à la récolte 2015.

昔はガメイとしてしか表記していなかったのに、今現在は主要品種としてガメイ・ノワール、補助品種にガメイ・ド・ブーズガメイ・ド・ショードネと書いてあります。これは葡萄品種の解析が進み今まで単にガメイとされてきた品種が実は3種類もあったということが判明したことを物語っているのです。

| ワイン雑感 |
| 01:26 PM | comments (0) | trackback (x) |
コメント

PAGE TOP ↑
コメントする








絵の中の文字を入力して下さい:



PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::Alphonse Lavallée N
All Rights Reserved./Skin:oct