ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Chambolle-Musigny 1'er Cru Les Combottes 2003 Domaine Henri Felettig
殆ど知られていないドメーヌですが結構優れた生産者です。まず色がしっかりしているというかブルゴーニュによくある薄い色ではありません。かなり濃い紫がかった赤色を呈し香りはしっかりとニュイ独特の果実を感じます。
口に含むととても果実味が濃厚で後味もながく、しっかりした酸とタンニンも感じられますが決してくどくはありません。私の経験では強すぎる酸や舌が痺れるようなタンニンを持つワインが熟成して素晴らしいワインになるということは殆どありません。
この生産者のワインはACブルゴーニュからプルミエ・クリュのものまで全てグレードの高いものばかりです。ワイン関係のグラビア雑誌や漫画で騒がれているワインなど私には無縁の存在です。

| ワイン日記::フランスワイン |
| 08:31 PM | comments (0) | trackback (x) |
コメント

PAGE TOP ↑
コメントする








絵の中の文字を入力して下さい:



PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::Chambolle-Musigny 1'er Cru Les Combottes 2003 Domaine Henri Felettig
All Rights Reserved./Skin:oct