ワインとピアノのある部屋

八戸ノ里南を西へ入った自転車店のつぶやき

Abouriou アブリュウについて
先日葡萄品種ネグレットのときにご紹介した日本語のサイトですがネグレットの詳細はあったものの Mouyssaguès の記載はありません。本日ご紹介する Abouriou アブリュウも残念ながら載っていません。

日本語のサイトではダメなら元祖フランス葡萄品種のサイトを開いてみましょう。こちらをご覧下さい。こちらではこの品種はマグドレーヌ・ノワール・デ・シャラントの子孫という説明があります。

本当でしょうか?

ちなみにマグドレーヌ・ノワール・デ・シャラントとはフランスの主要品種であるメルロー・ノワールやコットの母方に相当する葡萄品種であります。

VIVCのサイトからアブリュウはこちらですがそのオリジンについての記載はありません。まだ断定できないと云うことかも知れません。

次に最新のフランス葡萄品種のサイトからこちらをご覧下さい。やはりオリジンについての説明はありませんね。1958年にはたった 0.5ha しか栽培されていなかった品種ですが僅か 10年後には 898ha にまで増え、2011年度では 314ha とマイナーな品種の割りには栽培面積が広いように思いますが如何でしょうか。

さてこの品種が最も多く栽培されているのはガロンヌ川沿いのワイン生産地アペラシヨン・コート・デュ・マルマンデであります。アペラシヨン・コート・デュ・マルマンデの法律原文が見られるのはこちら、その最新版を知りたい人はこちらを開いて、左のメニューの上から9番目をクリックして下さい。赤ワインとロゼに関する葡萄品種の規定は

- Les vins rouges et rosés sont issus des cépages suivants :
- cépages principaux : cabernet franc N, cabernet-sauvignon N, merlot N ;
- cépages complémentaires : abouriou N, cot N, fer N, gamay N, syrah N.

– Vins rouges et rosés :
- La proportion de l’ensemble des cépages cabernet franc N, cabernet-sauvignon N et merlot N est inférieure ou égale à 85 % de l’encépagement ;
- La proportion de l’ensemble des cépages abouriou N, cot N, fer N, gamay N et syrah N est inférieure ou égale à 50 % de l’encépagement.

主要品種はカベルネ・フラン、カベソーとメルロー・ノワール。必須品種はアブリュウ、コット、フェール、ガメイ・ノワールとシラーになっていて割合については主要品種が 85% 以下、必須品種が 50% 以下となっています。即ち主要品種は 50%~85%、必須品種が 15%~50% という割合であります。

さてさて葡萄品種アブリュウに話を戻します。VIVCのサイトによるとこの品種のシノニムは

BEAUJOLAIS
EARLY BURGUNDER
EARLY BURGUNDY
GAMAY BEAUJOLAIS
GAMAY DU RHONE
GAMAY ST. LAURENT
MALBEC ARGENTE
NEGRET DE LA CANOURGUE
NOIR HATIF
PLANT ABOURIOU
PLANT PRECOCE
PRECOCE NAUGE
PRECOCE NOIR
PRESSAC DE BOURGOGNE

と14種類報告されています。英語らしきシノニムが存在するには理由があります。こちらをご覧下さい。フランス原産の葡萄品種ですがアメリカにも渡っていたのですね。こちらにもカリフォルニアで栽培されていたことが分かります。

| ワイン日記 |
| 04:55 PM | comments (1) | trackback (x) |
コメント
All of my quseotins settled-thanks!
| Barbara |2012/06/13 01:46 AM |

PAGE TOP ↑
コメントする








絵の中の文字を入力して下さい:



PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインとピアノのある部屋::Abouriou アブリュウについて
All Rights Reserved./Skin:oct