ワインとピアノのある部屋

八戸ノ里南を西へ入った自転車店のつぶやき

ボルドー赤ワインの葡萄品種カルメネール
カルメネールについて昨日述べましたが「この品種はチリ原産ではないか」との問い合わせにビックリしました。画像のあるサイトを紹介してもう一度説明したいと思います。

先ずはカルメネールについての詳細は画像が大きなこちらをご覧下さい。こちらでは「Carmenère」と表記されそのまま読むと「カルムネール」に近いかも知れません。原産地については、ちゃんとボルドー原産の葡萄品種と書いてあります。2011年度はフランス全土で41haの広さにまでその葡萄畑は増えました

決して「フランスでは絶滅した葡萄品種」ではありません。

確か1988年のことだったように記憶していますが、グラーヴのクリュ・クラッセであるシャトー・オー・バイイーでこのカルメネールが植えられていたのを目の当たりにしたことがあります。

次にフランスの葡萄品種のサイトからこちらをご覧下さい。こちらでは「le/la Carménère」となっているので「カルメネール」とフランスでは呼んでいることが分かります。このサイトが便利なのは葉の形状まで分かり易いこととシノニムがどの地域でどう呼ばれているかが分かることです。
ちなみにカルメネールの場合

carmeneyre(la), carmenelle, cabernelle, bouton blanc, grande vidure(ou viduire) en Médoc, carbouet dans les Graves, carbonet

ボルドーのメドック地方とグラーヴでは呼び方が違うことが分かりますね。

また葡萄品種のルーツについても詳しく、ボルドーのメドックが原産と指摘しています。またモンペリエの研究所で遺伝子解析の結果グロ・カベルネとカベルネ・フランとの間に生まれた品種であることも書いてあります。

で、結論的に辿り着くのがこちらのサイトでパスポート・データからカルメネールはこちらの通り

CARMENERE = CABERNET FRANC × GROS CABERNET

左側が母方で右側が父方に相当します。

さらに父方のグロ・カベルネはこちらで、その母方に当たるのがFER であり、父方に相当する葡萄品種がTXAKOLI でありますが、葡萄品種番号からグロ・カベルネとチャコリは比較的最近に判明したはずであります。

GROS CABERNET = FER × TXAKOLI

尚、フェールとチャコリはどちらもフランス原産の黒葡萄品種です。

| ワイン雑感 |
| 11:57 PM | comments (0) | trackback (x) |
コメント

PAGE TOP ↑
コメントする








絵の中の文字を入力して下さい:



PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインとピアノのある部屋::ボルドー赤ワインの葡萄品種カルメネール
All Rights Reserved./Skin:oct