ワインとピアノのある部屋

八戸ノ里南を西へ入った自転車店のつぶやき

アペラシヨン・コート・デュ・ローヌ2
それでは南部コート・デュ・ローヌの地図はと云うとこのINAOのサイトのコート・デュ・ローヌの赤、赤プリムール、白、ロゼそしてロゼ・プリムールのいずれにアクセスしても見ることは出来ません。

結論で申し上げるとこちらをご覧下さい。大雑把な地図ですが南部ローヌ全体の地図ではなくアペラシヨン・コート・デュ・ローヌと同じくコート・デュ・ローヌ・ヴィラージュ、そして村名(地域名)を伴うコート・デュ・ローヌ・ヴィラージュを表しています。

つまり南部ローヌはコート・デュ・ローヌ・ヴィラージュと区分してしまっていることになります。もちろん地図をご覧になればお分かりの通り南部ローヌにもヴィラージュの付かない「アペラシヨン・コート・デュ・ローヌ」の畑は存在します。

要するにINAOは、北部ローヌをコート・デュ・ローヌ、南部ローヌをコート・デュ・ローヌ・ヴィラージュとアペラシヨンを2分しようと画策しているはず。

もう一度改めてローヌ全体図と比較して下さい。

北部ローヌの高名なアペラシヨン、コートロティから南部ローヌのお宝と云われるシャトーヌフ・デュ・パープに至るすべてのアペラシヨンの範囲全体がアペラシヨン(南北)コート・デュ・ローヌであります。即ちコート・ロティの範囲であっても条件さえ整えば(アペラシヨンで云うと下位に相当する)コート・デュ・ローヌを名乗ることが可能であります。

次に葡萄品種の規定についてINAOが自らのサイトで発表している矛盾についてお話しします。

先程の INAO はコート・デュ・ローヌ・ルージュの詳細情報の地図の下 MODE DE PRODUCTION に葡萄品種規定があります。コピーすると

Encépagement :
- vins rouges et rosés
cépages principaux : grenache noir, syrah, mourvèdre avec 40 % minimum de grenache noir.
cépages secondaires essentiellement carignan et cinsaut limités à 30 %, avec éventuellement 5 % maximum de cépages blancs dans les vins rouges et 20 % maximum dans les rosés.

- vins blancs
cépages principaux : grenache blanc, clairette, marsanne, roussanne, bourboulenc, viognier
cépages secondaires ugni blanc et picpoul blanc.

直訳すると赤とロゼについては主要品種としてグルナッシュ・ノワール、シラー、ムールヴェドル、とりわけグルナッシュは40%以上となってます。主要品種に次いで必要とされる品種としてカリニャンとサンソーが併せて30%以下、時として赤ワインに混ぜても良いとされる白品種は5%以下、ロゼの場合白品種は20%以下という規定。

白ワインの場合主要品種はグルナッシュ・ブラン、クレーレット、マルサンヌ、ルーサンヌ、ブールブーランとヴィオニエ。主要品種に次いで必要とされる品種にユニ・ブランとピクプール・ブランとなっています。

白ワインについてはその割合に一切触れていませんが同じくINAO監修のはずのサイト、レジフランス(サイトを開いて左のメニュー上から10番目をクリックする)では次のような記載があります。

1°- Encépagement
a) - Les vins blancs sont issus des cépages suivants :
- cépages principaux : bourboulenc B, clairette B, grenache blanc B, marsanne B, roussanne B, viognier B ;
- cépages accessoires : piquepoul blanc B, ugni blanc B.
b) - Les vins rouges et rosés sont issus des cépages suivants :
- cépage principal : grenache N ;
- cépages complémentaires : mourvèdre N, syrah N ;
- cépages accessoires : bourboulenc B, brun argenté N (localement dénommé camarèse ou vaccarèse), carignan N, cinsaut N, clairette B, clairette rose Rs, counoise N, grenache blanc B, grenache gris G, marsanne B, marselan N, muscardin N, piquepoul blanc B, piquepoul noir N, roussanne B, terret noir N, ugni blanc B, viognier B.
c) - Les plantations ne peuvent pas être réalisées avec le matériel végétal suivant :
- pour le cépage grenache N : les clones 134, 137, 224, 287, 432, 514, 517, 814 ;
- pour le cépage syrah N : les clones 73, 99, 301, 381, 382, 383.
2°- Règles de proportion à l’exploitation
La conformité de l’encépagement est appréciée, pour la couleur considérée, sur la totalité des parcelles de l’exploitation produisant le vin de l’appellation d’origine contrôlée.
a) - Vins blancs :
La proportion de l’ensemble des cépages principaux est supérieure ou égale à 80 % de l’encépagement.
b) - Vins rouges et vins rosés :
- La proportion de l’ensemble cépage principal et cépages complémentaires est supérieure ou égale à 70 % de l’encépagement ;
- La proportion du cépage grenache N est supérieure ou égale à 40 % de l’encépagement, sauf pour les exploitations situées au nord du parallèle de Montélimar (Drôme) ;
- La proportion de l’ensemble des cépages mourvèdre N et syrah N est supérieure ou égale à 15 % ;
- Ces obligations ne s’appliquent pas aux opérateurs producteurs de raisins ne vinifiant pas leur
production et exploitant moins de 1,5 hectare en appellation d’origine contrôlée « Côtes du Rhône ».
- La proportion du cépage marselan N ne peut être supérieure à 10 % de l’encépagement ;
- La proportion des cépages blancs ne peut être supérieure à 5 % de l’encépagement pour les vins
rouges et à 20 % de l’encépagement pour les vins rosés.

葡萄品種が多くなっているのは遺伝子解析の進歩で葡萄品種が根本的にその名称を改めざるを得なかったからと考えますが、その他数値的にもかなり変化があるみたいです。
| ワイン雑感 |
| 07:06 PM | comments (0) | trackback (x) |
コメント

PAGE TOP ↑
コメントする








絵の中の文字を入力して下さい:



PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインとピアノのある部屋::アペラシヨン・コート・デュ・ローヌ2
All Rights Reserved./Skin:oct