ワインとピアノのある部屋

八戸ノ里南を西へ入った自転車店のつぶやき

アペラシヨン コート・デュ・ローヌ
アペラシヨン・コート・デュ・ローヌが北部と南部に分けられていることはご存知の方が多いはずですが、何処を分岐点としているかお分かりでしょうか? コート・デュ・ローヌ全体の地図はネット上に色々ありますけど的確にアペラシオンが分かり易いのはこちらがいいかも^^。
INAOの地図はいつも申し上げるように葡萄畑の地図と云うより葡萄畑の所在コミューン全体をその範囲としているので正しいとは云えません。

まずはこちらを開いてみて下さい。これはINAO Avignon が監修しているはずですが2011年11月17日付のコート・デュ・ローヌ・ルージュの詳細情報です。上から生産される物(ワインの種類)は白、ロゼ、ロゼ・プリムール、赤、赤プリムールがあり、地理的領域つまり場所で云うとヴィエンヌからアヴィニョンまでの 200km、3つの地域圏、6つの県そして171のコミューンとの説明があり、コミューンの詳細を開いてみると( □Zone de production du raisin の頭の□で囲んだ+をクリックすると開きます)なるほどArdèche (07) アルデッシュ県、Drôme (26) ドローム県、Gard (30)ガール県、Loire (42)ロワール県、Rhône (69)ローヌ県そしてVaucluse (84)ヴォークリューズ県のそれぞれ合計すると 171 のコミューンの全名称は現れます。

ところがその下の Cartes の欄、Cliquer sur les liens suivants pour afficher les cartes と書いてある下のオレンジ文字の Aire géographique をクリックして頂くとこちらの地図が登場します。

この地図が問題です。よくご覧下さい、地図の上方(北端)ヴィエンヌは問題ありませんが南側はドローム県ヴァランスの南 Livron-sur-Drôme リヴロン・シュル・ドロームとその左側アルデッシュ県プリヴァの東 Saint-Julien-en-Saint-Alban サン・ジュリアン・アン・サン・タルバンまでしかありません。

おやおや、これではガール県とヴォークリューズ県が表されていないではありませんか!

要するにこれは北部ローヌの地図だけであります。説明文は南部ローヌも含む171コミューンなのに地図で表されるのは北部ローヌだけとはINAOたる組織として恥ずかしくないのでしょうか。

さて先程の地図の北はヴァランスと南はオランジュとの真ん中付近、Montélimar モンテリマールが南北コート・デュ・ローヌの分岐点であります。

コート・デュ・ローヌ全体ですが北はヴィエンヌから南はアヴィニョンまで距離で申し上げると約 200㎞、特徴と云えば北部ローヌは個別のアペラシヨンが隣接して存在し、南部ローヌで目立つのはコート・デュ・ローヌ・ヴィラージュとその地域名称を伴うアペラシヨン、そしてそれらから独立したアペラシヨンが連なっていると云うこと。即ちコート・デュ・ローヌ・ヴィラージュは南部ローヌにしか存在しないと云うことです。


| ワイン雑感 |
| 11:55 PM | comments (1) | trackback (x) |
コメント
中華店の件ではありがとうございました。
実はおっしゃるとおりであの左京区のお店は
やはり外国人労働者もいるようで味も給仕も
不安定な状況になっているそうです。

ところでこのコートドュローヌの
タインエルミタージュに半年住んでました。よくレストランに
シャプチエさんやポールジャブレエネさんの従業員さんがこられてました。
よくワイン畑の丘を登ったりしましたね。
ただお酒は全く飲まないので同僚から
「もったいない」って言われてました。。。
試飲には何度も呼ばれて結構料理ばっかり
食べてたり(笑)
すいません。。。全然専門家でなくて。。。
| アルシェ |2012/02/28 09:44 PM |

PAGE TOP ↑
コメントする








絵の中の文字を入力して下さい:



PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインとピアノのある部屋::アペラシヨン コート・デュ・ローヌ
All Rights Reserved./Skin:oct