ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Alsace Klevener de Heiligenstein Ⅱ
サヴァニャン・ロゼはどんな葡萄なのか画像を見たいと思います。こちらをご覧下さい。葉の形状、葡萄の房も一目瞭然、果皮がロゼ色とは画像を見るとよく分かるはずです。この品種の植え付け面積は近年増えていますね、1979年に僅か 3ha だったのが2008年には 42ha まで増えていますがこれはやはり法律制定がバックアップとなったはず。

フランスの葡萄品種サイトではサヴァニャン・ブランとこのサヴァニャン・ロゼを同一品種かの如く1ページにて紹介しています。

しかしサヴァニャン・ブランの画像と比較すると葉の形状などは全く異なります。
またVIVCのサイトからサヴァニャン・ロゼサヴァニャン・ブランを見比べると原産国が違うのに気付かれるはずです。
サヴァニャン・ロゼはフランス原産の果皮がロゼ色の葡萄品種であり、サヴァニャン・ブランはスイス原産の白葡萄品種であり、両者は全くの別品種であると考えます。

さて本題に戻りますがこの名前「Alsace Klevener de Heiligenstein」の由来から考えてみますと、ハイリゲンシュタインはコミューンの名前。ではクレヴネルとは何でしょうか?
「Klevener」とスペルにありますがこれは「Klevner」もしくは「Clevner」が本来の名称の可能性が高いと思います。

まず「Klevner」を VIVC のサイトで検索するとその語句を含む葡萄品種名は全部で11存在します。そのうち単に KLEVNER と呼ばれる葡萄品種の正式名称はシャルドネ・ブラン、ピノ・ブランそしてピノ・ノワールと3つあります。次に KLEVNER KEK、KLEVNER SCHWARZBLAU をシノニムとするのはピノ・ノワール。多分ドイツ語圏で呼ばれる KLEVNER WEISS をシノニムに持つのはピノ・ブラン。さらに KLEVNER ROT をシノニムに持つのはピノ・グリであります。

要するに「ピノ」を意味するのがクレヴネルのはずではないでしょうか?

実際のところ最初に申し上げた「Alsace+葡萄品種」の項で「Pinot ou Klevner」とあるようにこのデノミナシヨン・アルザス・クレヴネル・ド・ハイリゲンシュタインは元々ピノからワインを造っていた可能性が高いはず。「Klevener」と「Klevner」とはスペルが違うではないかと突っ込まれそうですが、Klevener では葡萄品種のシノニムは一つも見付かりませんから(Clevener はトラミナー・ロットのシノニム)恐らく間違いないはず。

文献を探すと John J. Baxevanis 著の「The Wines of Champagne, Burgundy, Eastern and Southern France」にありました。

当時のコミューンの呼び名は「Heiligenstein-Barr」であり、周辺のコミューンは今と異なりゴックヴィラー、ブルグハイムそしてゲルトヴィラーの4つで延べ面積450ヘクタールという広大な栽培面積であったこと。そしてワインに使われる品種はピノ・ブランと当時でも珍しいサヴァニャン・ロゼとの記述を見付けました。

現在では僅か 97ヘクタールですから昔はもっともっと有名なワインだったのでしょう。ちなみに著書でのスペルは「Klevner de Heiligenstein」となっており「v」のあとの「e」はありません。区別するため後世で付け加えたのではないでしょうか?

| ワイン雑感 |
| 11:57 PM | comments (0) | trackback (x) |
コメント

PAGE TOP ↑
コメントする








絵の中の文字を入力して下さい:



PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::Alsace Klevener de Heiligenstein Ⅱ
All Rights Reserved./Skin:oct