ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

世界スパークリングワインコンクール、そんなものいつからあったのでしょうか?
まずはこちらをご覧ください。本来は「スパークリングワイン・コンクール」であるはずですが「スパークリングコンクール」と省略形で出ています。外国人が見たらワイン文化の低さが分かってしまいますね。

泡物コンクールのTop 10 にフランス原産のワインが大半を占めたと報じていますが日頃お高いシャンパーニュばかりを煽っているにも拘わらず、よくこんな記事を書けたものだと笑ってしまいました。

まずはそのトップ10 をご覧ください。トップ10と云いながら13もの結果が並べてありますがシャンパーニュが3例しかないのに、クレマン・ダルザスとクレマン・ド・ブルゴーニュが足して5例も存在します。あとはクレマン・ド・リムーが1例にフランチャコルタ、カヴァそしてアルゼンチンとハンガリーがそれぞれ1例。結論として申し上げられるのはシャンパーニュよりもクレマン・ド・ブルゴーニュやクレマン・ダルザスの方が好成績であるということ。

シャンパーニュが世界一の泡物であるというのは戯言ではないか。

ですがコンクールというものいい加減なもので大半はお金儲けがその主旨であります。大体「世界スパークリングワインコンクール」なるもの今まで聞いたことがありません。主催者はその出自がSOPEXAとしながらもフォーラム・ウノロジー協会なる組織だと書いてあります。

パリコンやマコンならメダルでお馴染みかも知れませんがフォーラム・ウノロジー協会など全くの初耳であります。ネットで検索すると泡物だけでなく例えば「ミュスカ種」に絞ったワインのコンクールもやっているみたいでその歴史は10年そこそことごく浅い。

日本の食品メーカーがテレビコマーシャルに使いたがる「モンド・セレクション」と似たような組織ではないかと私は考えます。こちら をご覧ください「世界ミュスカコンクール」なる品評会の実施が書かれていますが「世界」と名乗るには少ない出品数、多すぎる「受賞」ではないでしょうか。こちらでもトップにはフランス勢が占めたと書かれています。

いつも申し上げるようにコンクールには出場、もとい「出品」するにはかなり高額の「出品料」が必要です。お金を支払った生産者しかコンクールには出品できない訳です。従ってもっと美味しい泡物が存在してもコンクールに出品しない限り「受賞」する事は有り得ません。


| ワイン雑感 |
| 11:54 PM | comments (0) | trackback (x) |
コメント

PAGE TOP ↑
コメントする








絵の中の文字を入力して下さい:



PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::世界スパークリングワインコンクール、そんなものいつからあったのでしょうか?
All Rights Reserved./Skin:oct