ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Chablis la pierrelée 2009 La Chablisienne
協同組合ラ・シャブリジェンヌのスタンダード・シャブリ、ヴィンテージは2009年です。生産者では3種類の AOCシャブリ を生産していると思っていたのですがネットで確かめるともう1種類ありました。

さて4種類あるAOCシャブリの中、輸出専用なのがこの ピエレレ みたいです。こちらをご覧下さい。左のメニューに上からプティ・シャブリ、シャブリそしてプルミエクリュ、グラン・クリュと並んでいますが、このフランス語のページのAOCシャブリは次の3種類。

La Sereine
Les Vénérables
Dame Nature


と表記されています。ラ・スレーヌ、レ・ヴェネラブルそしてダーム・ナチュールの3種類でピエレレの名前はありません

次に英語のページを見るとAOCシャブリは

La Pierrelée
La Sereine
Les Vénérables

即ち英語圏には我が国も含めて「ダーム・ナチュール」は輸出しないという意味でしょう。またピエレレはフランス、ドイツには売らないのでしょうね。次にそれらの違いを見たいと思います。

まずはラ・スレーヌ、シャブリの街中を流れるスラン川から取った名前であることは明らか。

生産者のサイトからこのワインを構成する葡萄の出所(コミューン名)は次の通り

BEINES, BÉRU, CHABLIS, LA CHAPELLE VAUPELTEIGNE, CHEMILLY SUR SEREIN, CHICHÉE, COLLAN, COURGIS, FLEYS, FONTENAY, LIGNORELLES, LIGNY LE CHÂTEL, MALIGNY, POILLY, PRÉHY, SAINT CYR LES COLONS, VIVIERS , VILLY

全部で18のコミューンです。土壌はシャブリ特有のキンメリジャン土壌。

平均樹齢は20年、葡萄樹の剪定はギュイヨ・ドゥーブル・ユニラテラールいわゆるシャブリ方式と呼ばれるもの。どんな剪定かというとこちらをご覧下さい。タンク醸造の後マロラクティック醗酵、12ヶ月のタンク熟成と小樽での熟成のミックス。

一方ピエレレは熟成が全てタンク内でありその期間は6ヶ月と短い。またピエレレは一切小樽や樽とは無縁のワインであります。

次にヴェネラブルは平均樹齢が35年と高く醸造後の熟成期間は14ヶ月でスレーヌと同じタンクと小樽による熟成であります。

ダーム・ナチュールは平均樹齢こそ20年とピエレレ並みですが剪定方法が異なりGUYOT SIMPLE ET GUYOT DOUBLE OPPOSÉ と書いてあります。熟成はタンクとフードルで14ヶ月となっています。
| ワイン日記::フランスワイン |
| 11:50 PM | comments (0) | trackback (x) |
コメント

PAGE TOP ↑
コメントする








絵の中の文字を入力して下さい:



PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::Chablis la pierrelée 2009 La Chablisienne
All Rights Reserved./Skin:oct