ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

第316回クードポール・ワインを楽しむ会
いつもの通り第1木曜日の午後8時に始まる料理とワインの会です。

まずは珍しくイタリアはロンバルディア州のDOCG、フランチャコルタ・サテンのミレジムからスタートです。

フランチャコルタの法律ですが2010年10月13日に改正されてから2011年3月31日付でまた改変された模様です。葡萄品種の割合や第2次醗酵の期間などそれぞれ微妙に変わっているかも知れませんのでこちらをご覧下さい。尚、フランチャコルタ・サテンの「サテン」とは喫茶店の省略形ではなく、シャンパーニュで云う「ブラン・ド・ブラン」のことであります。

毎度お馴染みのアミューズ・グール3連発です。

トップは日本海産の鱧の炙りと北海道の海水海胆。鱧は骨切りして表面を炙ってあり、その上に生海胆を載せトマト風味のソース・ヴィネグレットが掛かっています。


2番目はシラサ海老と枝豆のクリームコロッケ。添えられるのは酢橘でもなく臭橙でもなくジャバラでもなく名前を失念。熱々のクリームコロッケに冷たい泡が良く合います。


3番目のアミューズはモチ豚タンの自家燻製。ピクルスが添えられ粒マスタードが効いてます。



これからが前菜。タスマニア・サーモンの瞬間燻製は香草風味。


フォワグラのパイ包み焼き、サマートリュフ風味ポルト酒のソース。


和歌山は加太の鰆を焼いてマスタード風味の浅蜊のソースで頂きます。


北海道牛イチボのポワレ、レフォール添え。


デセールはバナナの温かいタルトとアイスクリーム。

来月の開催は6日木曜日午後8時です。健啖家の皆さん、是非お越し下さいませ。お料理もワインも盛りだくさん、きっとご満足いただけると思います。
| クードポールワインを楽しむ会 |
| 11:55 PM | comments (0) | trackback (x) |
コメント

PAGE TOP ↑
コメントする








絵の中の文字を入力して下さい:



PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::第316回クードポール・ワインを楽しむ会
All Rights Reserved./Skin:oct