ワインとピアノのある部屋

八戸ノ里南を西へ入った自転車店のつぶやき

薪焼料理 ヌーダ
元ポートピアホテルのフレンチ、アラン・シャベルにいたソムリエ氏がおもてを任されていると聞いたので訪問しました。JR元町から線路沿いに西へ歩き左側に背の高いパーキングタワーの角を南へ入った場所。全くの路地裏といったシチュエーションで付近には居酒屋とかお好み焼き店がいろいろ。

スペイン料理だからカヴァを頼もうと思ったら「うちはスペイン料理とちゃいますねん、薪焼料理です。ですからカヴァは置いてません」とのこと。アンリ・ビリオのノン・ヴィンが確か8,500円、ジャック・セロスの弟子のが何と19,000円とのことなのでピペールのミレジム2000を選択。


生チョリソとのこと。ですがプレートからはみ出しそうなのは困ります。


バターに塗してあるのは夏トリュフにパルミジャーノ? 香りに乏しいトリュフなど何か意味があるのでしょうか。
野菜もこれだけ小さいと旨味も難しいでしょう。ビーツは明らかに農薬臭い。


岩牡蠣、これは火が入りすぎで身は縮こまっています。あるいは身の小さな物を選んだのでしょうか。


ボタンエビ。新鮮なものなら良いのですが・・・。


かつお、だったかな? プチトマトは美味しかったですが。


豆の類に玉子、パルミジャーノに夏トリュフ。
タートフランゲ社の白トリュフ塩やオイルを使えばもうちょっとと香りが出るはず。黄身が固まってしまっては美味しさ半減どころか失敗作ではないか。


剣先烏賊のイカスミソース。これは良かったと思います。


さごし(鰆の小型の物)で、これだけのポーションなら50円もしないもの。


ポレンタにビスク。やっとお料理らしき物が登場です。


鱸。


新潟牛? 黒毛とホルスの交雑種のはずですが高級店を目指すには些か疑問な品質。


デザートの類も匂いが強い。


室温が高いのが原因なのかシャンパーニュの温度はぬるく、ドボドボと注がれる為泡もすぐ消えてしまいます。


お勘定の後にお札を並べられ多いの少ないのと云われる始末。ホテルで何を学んだのでしょうか?

結論で申し上げると体の良い洋風炉端焼店。店の扉は開けっ放しで小蠅があちらこちらに。それを指摘すると薪にまとわりついているとのこと。まあ虫が気にならない人なら大丈夫なのでしょう。
ワインリストはなく泡と云えば3本程の中から選ばされるのですが、こちらから値段を訊かないと云ってくれません。これはソムリエの仕事としては最低です。メインとなるお肉の時に赤ワインを頼むとお高い物ばかり並べられます。で、他に選択肢がないのかと思って頼んでしまう客も多いはず。

よってたかってこの店をもり立てようとする連中の存在が胡散臭いです。
| 食べ歩き |
| 11:55 PM | comments (5) | trackback (x) |
コメント
色々ブロガーさんうちでは評判の店ですね。
某イタリアンのシェフが行かれらしく、
感想を聞いたのですが微妙な印象だったのと、
上記ののGeorge氏の話でなんとなく分かりました^^
| elephant |2011/06/23 07:57 PM |
ご一緒させていただきありがとうございます。
私の感想もその通りです。 Geroge氏だから高いシャンパンや
ワインを並べられたのか?
薪焼きと言って何でもかんでも薪に通せば良いとは思いませんが。
ならもっとガッツンと料理を出して欲しかった。
昨日行ったカセントさんとっても料理良くなってました。
| 河内のヤンキー |2011/06/24 11:21 AM |
私もエチェバリにいたシェフということで、期待して行ったのですが、、、
ちなみに、某有名ブロガーさんの写真に載っていたお料理とは、ずいぶん違うものが出てきていました。あちらがでておればまた評価も変わったと思うのですが。

ちなみにホールのソムリエ氏は、アラン・シャペルの金銭感覚をそのまま持ってきているようですね。
| minosand |2011/06/24 01:24 PM |
elephant さま、河内のヤンキーさま

ご投稿有り難うございます。
早速ですが今朝見知らぬ携帯番号から電話が入り

「云いにくいご指摘、とても参考になりました。薪焼き料理ヌーダの○○です」といきなり仰いました。

で、何ら反省の弁もなく

「料理は出さねばならないし、ワインの注文は取らなければならない、おまけに会計までやらねばならないから大変ですね、頑張って下さい」とエールを送ったつもりが

「2度とお会いすることはないでしょうから・・・」との弁。

その○○という人物ですが、自分がオーナーとのことです。

自分が出資したのか雇われオーナーかは聞きませんでしたが、オーナーならとんでもない発言だと私は思います。商売人として最低です。

料理を作っている人に気の毒ですがこんな店に行く必要は全くないと考えます。
| Georges |2011/06/24 01:29 PM |
検索で来ました。
ここの野菜はGGファームのものと聞いていたのですが・・・
農薬くさい野菜は論外ですね。
| 通りすがり |2011/07/12 09:09 AM |

PAGE TOP ↑
コメントする








絵の中の文字を入力して下さい:



PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインとピアノのある部屋::薪焼料理 ヌーダ
All Rights Reserved./Skin:oct