ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Grillo 2009 IGT Sicilia Cantine Colosi
カンティーネ・コローシのIGTシチーリア、葡萄品種はグリッロとあまり聞き慣れない品種です。ワインの詳細は生産者のサイトからこちらをご覧下さい。

グリッロ、取り敢えずカタカナのまま検索するとこんなサイトが見付かりました。そちらによるとシチリアを代表する葡萄品種でマルサラ酒に使われる品種とのことで、ご丁寧に写真まで添えてあります。ですけどこの写真は黒葡萄ですよね、黒品種の皮を引き上げて白ワインにするとはとても考えられません。日本人では数少ない「ボルドー大学公認ワインテイスター」が監修するこちらのサイト、ワインのレクチャーもやっているみたいですがレベルはこの程度と云うことでしょうか。

正しい葡萄房の画像はこちらをご覧下さい。こちらに書いてある内容の方が現状に沿ったものだと思います。葡萄房の画像はこちらにもあります。

グリッロはイタリア原産の白葡萄でこちらをご覧になるとお分かり頂ける通りカタッラット・ビアンコ・ルーチドとマスカット・オブ・アレクサンドリアの交配種であります。シノニムは RIDDU だけで栽培面積は次第に縮小気味みたいです。シャルドネ・ブランに植え替えられていく運命なのかも知れません。

ところでマルサラ酒、料理によく使われますがシチリアのDOCワインであります。一般によく見られるのはウィスキーのような琥珀色(オロとアンブラ)したものですがルビーノという赤黒いのもありDOCマルサーラの法律原文はこちらをご覧下さい。

葡萄品種は Art 3 に書いてあるとおりです。

さて本題に戻ります。カンティーネ・コローシという物騒な名前のワイナリーのグリッロ100%の白ワイン、開けてみましょう。

キャップシールはプラスティックのペラペラのもの、栓は合成樹脂のオープナー泣かせの安物。久し振りにソムリエナイフを使う羽目になりました。

グラスに注ぐと彩度は低いですが黄金色、少し青っぽいかも知れませんけど。妙な泡立ちは全くありません。香りは柑橘系に独特の風味が混ざります。果物系ではなく擂り胡麻に似た芳ばしい香りみたいに感じます。
味わいは綺麗な酸にしっかりしたコクがあり辛口好みの私にとっては非常に有り難い。

淡路の魚屋さんからアマテカレイの小型のものとあこうを購入。5枚に下ろして貰い冷蔵庫の野菜室で保管、自宅に持ち帰りましたがあこうは既に締まり気味、小さな鰈は意外とビンビンに活かったままでした。

薄造りにして山葵醤油、肝は生でメチャ美味しい。鰈の類は今が旬、小さくても身の甘さが際立ちます。
あこうは薄くスライスして塩胡椒を振りしばらく置いて浮いてきた水分を拭き取りエクストラ・ヴァージンを振り掛けカルパッチョで頂きます。

このシチリアのグリッロ、2つの魚料理に非常に良く合います。

2つの魚のアラは塩焼きにするのですがポイントは塩の種類でしょうか、私は白胡椒も一緒に振りかけ馴染ませてから焼きます。焼き魚にもこのワインはとても良く合いました。
| ワイン日記::イタリアワイン |
| 11:50 PM | comments (0) | trackback (x) |
コメント

PAGE TOP ↑
コメントする








絵の中の文字を入力して下さい:



PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::Grillo 2009 IGT Sicilia Cantine Colosi
All Rights Reserved./Skin:oct