ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

シャンパーニュに使える葡萄品種は7種類に改正されました。
先日の拙ブログで取り上げましたが、フランスINAOのサイトでもシャンパーニュに使用することの出来る品種を7種類であると明記されていました。

まずはこちらをご覧下さい。

補足(ANNEX)以降の第1章第5条をコピーさせて頂くと次の通りです。

V. ― Encépagement

1° Encépagement :
Les vins sont issus exclusivement des cépages arbane B, chardonnay B, meunier N, petit meslier B, pinot blanc B, pinot gris G et pinot noir N.

2° Règles de proportion à l'exploitation :
Pas de disposition particulière.

即ち使用出来る品種名はアルバンシャルドネムニエプティ・メリエピノ・ブランピノ・グリそしてピノ・ノワール

品種の割合などは規定がありません。

ムニエはピノ・ムニエのこと、葡萄品種名は正式名称ではないものも含まれていますがフランスの法令なのでそのまま引用させて頂きました。

葡萄品種名の後に付いている「B」はブランを意味即ち白品種、「G」はグリで白品種と黒品種の中間の存在、「N」はノワール・黒の省略、つまり葡萄の色を意味します。

従ってフロモントー、アンフュメは使用可能な品種ではなくピノ・グリのことであり、これらを使用可能な品種名とするのは間違いであります。


| ワイン日記::フランスワイン |
| 06:02 PM | comments (0) | trackback (x) |
コメント

PAGE TOP ↑
コメントする








絵の中の文字を入力して下さい:



PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::シャンパーニュに使える葡萄品種は7種類に改正されました。
All Rights Reserved./Skin:oct