ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Roussette de Savoie Frangy 2009 Domaine Lupin
アペラシオン・ルーセット・ド・サヴォワのワインです。

ヴァン・ド・サヴォワ並びにルーセット・ド・サヴォワに関するアペラシオンの規定はこちらをご覧下さい。

2009年10月27日公布の新しい法律です。

INAOのサイトから Legifrance の詳細はこちらをご覧下さい。

拙ブログではこちらでサヴォワ地区最新のアペラシオンについて述べております。

またルーセット・ド・サヴォワに関してはこちらで解説しております。

ルーセット・ド・サヴォワは全て白ワイン、葡萄品種は Altesse アルテスのみ使用可能です。

ではアルテス種とはどんな品種なのでしょうか。

VIVCで調べると正式名称は ALTESSE 、シノニムは何と20にも及ぶと書いてありますが実際コピーさせて頂くと

ALTESSE BLANCHE
ALTESSE VERTE
ARIN
FUSETTE
FUSETTE D'AMBERIEU
FUSETTE DE MONTAGNIEU
IGNAM
IGNAN BLANC
MACONNAIS
PETIT MACONNAIS
PRIN BLANC
ROUSETTE HAUTE
ROUSETTE HAUTE

ROUSSETTE
ROUSSETTE BASSE
ROUSSETTE DE MONTAGNIEU
ROUSSETTE GROSSE
ROUSSETTE HAUTE
ROUSSETTE PETITE
SERENE BLANCHE

ルーセット・オートがトリプルで登場しています。

フランスはサヴォワ地区原産の地葡萄でワインの名称、アペラシオンにも採用されているので「ルーセット」に統一した方が迷わないような気もするのですけど。

さてこのワインのデノミナシオンはと云うと

Roussette de Savoie Frangy

INAOのサイトからこちらに詳しく書いてあります。

このデノミナシオンの範囲は以下の3つのコミューン

Haute-Savoie (74)県の Chaumont , Desingy , Frangy

たまたま末尾にコミューンの名前 Frangy が付いていますが、昔のクリュの名残のはずです。
その他の3つのデノミナシオン

 Roussette de Savoie Marestel
 Roussette de Savoie Monterminod
 Roussette de Savoie Monthoux

は末尾にコミューンの名前は付いていませんので。

先程申し上げた拙ブログのこちらをご覧頂ければご理解頂けるはずです。

開けてみましょう。

キャップシールはお世辞にもお粗末としか申し上げられないアルミのペラペラ、栓は nomacorc の改良型でボトルに接する部分は従来通りの樹脂で厚みは0.5mmも無いはず。中心部分の大半はスポンジを圧縮したような素材になっており、コルクスクリューの痕は塞がれません。

以前の nomacorc はコルクスクリューに密着して外れなくなるのでスクリュープルのレバーモデルは使用不可だったのですが、このタイプになったので使用可能となりました。

でもこの中心に使われるスポンジみたいな素材、ワインが漏れる心配はないのでしょうか?

ちなみにコルクスクリューが貫通した痕は空気が通ってしまいます。

即ち一旦空いた孔は素材の復元力がないので密閉は出来ないと云うことです。

グラスに注いでみましょう。

実はこのワイン入荷した時点で何度か飲んだことがあるのです。

で、その時はとても酸が強くしばらく置いてからの方が良いと判断したので待っていました。

白ワインの場合、泡物も含め強すぎる酸は待った方が良い、しかし添加された酸はこの限りではない。

定説です。

ワインに酸が不足すると保存に耐えられません。

ですが酸の不足を補酸で補う生産者が沢山居ます。

葡萄の力が強いと自然な酸が残りますが、非力な葡萄では熟成に必要な酸は得られないのです。

葡萄本来持っている酸と後で補った酸をテイスティングで見分けることは不可能に近いかも知れません。

ですが数多くのワインを経験しているとこの微妙な差が分かるようになります。


さてグラスに注がれたワインは透明度の高い薄黄緑色、彩度は専ら低めですが良いワインは煌めくように見えるもの。

香りは独特の柑橘系。

口に含むと当初感じた強い酸が幾分穏やかになっているようです。その酸が熟成により旨味成分となったのでしょうか、味密度が実に高くなっています。

地鶏の胸肉を餅焼き網で炙り胡瓜のスティックと合わせ柚子胡椒を利かせたポン酢で頂きます。

ワインとはとても良く合うのでお薦め。

次に豚肉と野菜の餃子(大蒜チョイ入り)ともとても良く合います。

さらに和牛3番マルシンの大蒜オイル・ステーキにも悪くありません。

ピリ辛料理や大蒜を使った料理に合わせると美味しいと思います。
| ワイン日記::フランスワイン |
| 11:50 PM | comments (0) | trackback (x) |
コメント

PAGE TOP ↑
コメントする








絵の中の文字を入力して下さい:



PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::Roussette de Savoie Frangy 2009 Domaine Lupin
All Rights Reserved./Skin:oct