ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

ワイン大学第309回定例会ア・プ・プレ京都五条
今日はネットからお二人、そして Twitter からお一人と初参加の方が3名お越し頂きました。

ですがJR踏切の破損事故の影響でかなりのメンバーが遅刻され遅い時間のスタートとなってしまいました。

早くお集まりの皆様にはこの場を借りてお詫び申し上げます。

JRですが福知山線の事故以来、安全確認かどうか知りませんが遅れるのが普通になってしまい困ったものです。私は阪急を利用しますが滅多に遅れないのが有り難い。

さてア・プ・プレさんを貸し切りにさせて頂きワイン会の始まりです。

お料理は普通のコースではなく特別にお願いしたワイン大学用スペシャル・コース。


先ずはアミューズ・グール、グジェールとフォワグラと林檎のベニエ。

秀逸だったのは後者。フォワグラの香りが気に入りました。

乾杯はアンリ・グートルブのミレジム。

赤ワインみたいなブーケ、綺麗な熟成香です。


アントレは2皿。最初は冬野菜とオマール海老のソテー、タプナードとシトロンのコンフィ。

先ず野菜の味がしっかりしています。オマールも程良い火の通し方。

効果的なのはシトロンのコンフィ。

白ワインサンセール2009年に大変良く合います。


アントレの2皿目はジビエのテリーヌ、アンディーヴと胡桃のサラダ、栗の花の蜂蜜添え。

青首鴨、ピジョン・ラミエと丹波の鹿を使ったテリーヌは蜂蜜と共に食べるととても美味、新しい発見です。


魚料理はカルタファタで包んだ魚介類のマリニエール。

新素材なのでしょうか、ラップの分厚い物で包まれそのまま登場します。

括ってある物を解くと実によい香りが^^ これは流行りそうな予感!


メインのジビエです。

丹波鹿のシヴェをパイで包んで焼いてあります。

このパイがサクサクの熱々で素晴らしい。

もちろん中身もウマウマ^^ フランスの本場で鍛えた腕の見せ所ですね。

熟成したコルトンとばっちりの相性です。


フロマージュは食べ頃の状態の良い物を選んで頂きました。

ワインはフロンサックのオー・カルル。


デセールはガトー・オペラ。

お菓子も丁寧な造りで美味しい。

食べログの地図ですが、地下鉄五条駅6番出入り口ではなく、8番口ですのでご注意下さい。
| ワイン大学 |
| 11:55 PM | comments (2) | trackback (x) |
コメント
新規開拓、絶対的な舌と知識、経験がないと不可能。しかも、人が高い評価をする前に判断する。ほんま、頭が下がりますわ。
| higemaster |2010/11/27 04:28 PM |
higemaster殿

いえいえ、ここのシェフのセンスと云うか感性に共感を覚えました。

人それぞれ好みが違うのでたまたま趣味が合いそうと思っただけです。

実際にメインの鹿はとても美味しかったと思います。

分かり難い場所ですが是非ご訪問して下さい。
| Georges |2010/11/29 04:50 PM |

PAGE TOP ↑
コメントする








絵の中の文字を入力して下さい:



PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::ワイン大学第309回定例会ア・プ・プレ京都五条
All Rights Reserved./Skin:oct