ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

第132回英ちゃん冨久鮓で味わう究極の会
浪花の味を代表する鮓割烹のお店です。

京料理ではなく大阪料理、ですが素材は日本全国から直送されるホンマモノばかりなのです。


先ずは先付け「天然の畑しめじ」はサッと茹でてポン酢で頂きます。

天然物の良い香りと歯応え。


続いて口取りは松茸のしぐれ煮、生秋刀魚におろし生姜、蟹味噌、柿、真ん中は食用菊「もってのほか」におろし大根。

松茸は小振りながらしこしこした食感にとても良い香りが^^


お造りはおこぜ。湯引きした身皮、胃袋、そして肝とすべてが揃います。


続いてその虎魚のあら煮。

サッと煮てポン酢と合わせるのですが不思議にワインと良く合います。


名物「子持ち鮎の塩焼き」は姿形も良く、串打ちが完璧であることが窺えます。

独自の焼き台でしっかり焼かれ頭から尻尾まですべて食べられます。

腹はち切れんばかりに卵巣が膨らんでいますが、これが旨いのです。


戻り鰹のたたきは藁焼きされ別添えの玉葱のスライスと共に。

もちろん極薄にスライスされた大蒜も一緒に。

まさに絶品であります。


鮑のソテー、肝まで実に美味。


松茸の土瓶蒸しは鱧の他天然の鯛と車海老まで入っています。

松茸の質、量も申し分なし。


おすしは子鯛の紫蘇にぎり、赤貝、細魚、ネギトロ軍艦にいくら。

カメラを忘れたので携帯電話で撮影、色が不鮮明で申し訳ございません。

英ちゃん冨久鮨
大阪市中央区道頓堀2-2-13
(御堂筋道頓堀橋南詰西へ一つ目の辻左入る

最 寄 り 駅
地下鉄御堂筋線なんば駅・近鉄なんば駅24号ゲート 徒歩2分

TEL. 06-6211-1256(代)

営 業 時 間 12:00~22:30(L.O. 22:00)

定休日は日曜日のみ、祭日は営業

| 英ちゃん冨久鮓で味わう究極の会 |
| 11:55 PM | comments (3) | trackback (x) |
コメント
星なんて関係ない、それ以上のお店ですね。最初にGeorges師にご紹介いただいたのは、河豚の時でした。最近、数人のお客様が英ちゃんの河豚を食したいと希望なさってます。人数をそろえて来年に伺いたいと思っております。
| higemaster |2010/10/27 12:56 PM |
higemaster殿

毎年12月の英ちゃん会は天然の河豚が出ます。

常連メンバーのご都合を優先させて頂きますが、12月の土曜日11、18、25でしたらどの日がご希望かお知らせ頂ければ、予定を立てやすいのですけど如何でしょう。

天然河豚と英ちゃん特製ポン酢の組み合わせは最高です。
| Georges |2010/10/27 02:44 PM |
では、行きたがってる常連さんにご都合を伺ってみます。お誘いありがとうございます。
| higemaster |2010/10/27 04:25 PM |

PAGE TOP ↑
コメントする








絵の中の文字を入力して下さい:



PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::第132回英ちゃん冨久鮓で味わう究極の会
All Rights Reserved./Skin:oct