ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Château La Moulière 2006 AC Bergerac
シャトー・ラ・ムリエール、AOCベルジュラックの赤ワインです。

生産される場所は24240 Gageac-et-Rouillac ガジェック・エ・ルイヤック郵便番号からお分かりの通りジロンド県ではありません。ジロンド県なら「33」から始まる郵便番号になります。

葡萄畑はジロンド県から東に少し入ったところですが、行政区分が異なるためボルドーを名乗れない地域、と云うかアペラシオンはベルジュラックのワインとなってしまいます。

ガジェック・エ・ルイヤックは何処にあるかと申しますとこちら

コート・ド・カスティヨンの中心カスティヨン・ラ・バルドからまっすぐ東に延びる国道D936 通称ボルドー通りを東へ、県境を越えガルドンヌを南に4キロ下ったコミューンで方角で申し上げると西南西に9㎞しか離れていない「リグー」はアペラシオン・ボルドーを名乗れる訳ですから県が違うだけでかなり損している場所なのです。

Gageac-et-Rouillac をINAOのサイトからコミューン名でアペラシオンを調べると

AOC - AOP --Bergerac
AOC - AOP --Côtes de Bergerac
AOC - AOP --Saussignac

とワイン関係では3つのアペラシオンが名乗れます。

聞き慣れないのがソシニャック、確か甘口の白ワインのはずですが殆どラベルを見たことがありません。

で、INAOのサイトから現在AOCベルジュラックの赤・白ワインについて法律が変わっているようです。抜粋してコピーさせて頂くと

Encépagement :

a) Les vins rouges et rosés sont issus des cépages suivants :
― cépages principaux : cabernet franc N, cabernet sauvignon N, cot N et merlot N ;
― cépages accessoires : fer servadou N, mérille N ou périgord N.

b) Les vins blancs sont issus des cépages suivants :
― cépages principaux : muscadelle B, sauvignon B, sauvignon gris G, sémillon B ;
― cépage complémentaire : ugni blanc B ;
― cépages accessoires : chenin B, ondenc B.

こちらのヨーロッパのワイン法に詳しいサイトと比べるとかなり違いがあります。


| ワイン日記::フランスワイン |
| 11:53 PM | comments (0) | trackback (x) |
コメント

PAGE TOP ↑
コメントする








絵の中の文字を入力して下さい:



PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::Château La Moulière 2006 AC Bergerac
All Rights Reserved./Skin:oct