ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

アペラシオン・ブライ関連まとめ
Blaye に関係するアペラシオン、デノミナシオン

INAOのサイトから「Blaye」と入力してアペラシオンを検索すると

   AOC - AOP --Blaye
   AOC - AOP --Côtes de Blaye


の2つしか現れません。

では同じく「Blaye」と入力してデノミナシオンを検索すると

   AOC - AOP --Blaye
   AOC - AOP --Côtes de Blaye
   AOC      --Côtes de Bordeaux Blaye


と3つ現れます。法的にはアペラシオンは2つ、ワインのラベルに使うことの出来る原産地呼称は3つということでしょう。

まとめです。

先ずはアペラシオン・ブライ、アペラシオン・コート・ド・ブライについて共通するのはその地域です。INAOのサイトからコピーさせて頂くと次の通り41コミューンはブライ、コート・ド・ブライの範囲であります。

Gironde (33)県の : Anglade , Berson , Blaye , Braud-et-Saint-Louis , Campugnan , Cars , Cartelègue , Cavignac , Cézac , Civrac-de-Blaye , Cubnezais , Donnezac , Étauliers , Eyrans , Fours , Générac , Laruscade , Marcenais , Marcillac , Marsas , Mazion , Plassac , Pleine-Selve , Pugnac , Reignac , Saint-Androny , Saint-Aubin-de-Blaye , Saint-Caprais-de-Blaye , Saint-Christoly-de-Blaye , Saint-Ciers-sur-Gironde , Saint-Genès-de-Blaye , Saint-Girons-d'Aiguevives , Saint-Mariens , Saint-Martin-Lacaussade , Saint-Palais , Saint-Paul , Saint-Savin , Saint-Seurin-de-Cursac , Saint-Vivien-de-Blaye , Saint-Yzan-de-Soudiac , Saugon

この中で注意すべきはコミューン・Pugnac の存在です。こちらをご覧頂くと、地図上は部分的にブライとされるとなっています。

それではINAOのサイトで「Pugnac」と入力してコミューンの検索でアペラシオンを検索すると

   IGP    --Agneau de Pauillac
   AOC - AOP --Blaye
   AOC - AOP --Bordeaux
   AOC - AOP --Bordeaux supérieur

   IGP    --Bœuf de Bazas
   IGP     --Canard à foie gras du Sud-Ouest
   AOC - AOP --Côtes de Blaye
   AOC - AOP --Côtes de Bourg, Bourg et Bourgeais
   AOC - AOP --Crémant de Bordeaux

   IGP    --Jambon de Bayonne

とワインでは「ブライ」「コート・ド・ブライ」そして「コート・ド・ブール」として現れます。即ちブライ関連であると同時に「コート・ド・ブール」も名乗れるという二股コミューンなのであります。

こちらをご覧下さい。第4章第1項のコミューンに関する記述に「la partie de la commune de Pugnac correspondant au territoire de Lafosse avant sa fusion avec celle-ci au 1er juillet 1974」とありますね。

こちらで推測したように1974年7月1日付けでコミューン「ラフォッス」は「ピュニャック」に併合されたのです。ブライ関連として含まれていたコミューン・ラフォッスはコート・ド・ブールに所属するコミューン「ピュニャック」に併合されてしまったために地図上では影の薄い存在となっているのであります。

また基本に戻りますがこれら41のコミューンはアペラシオン・ボルドー、アペラシオン・ボルドー・シュペリュール、アペラシオン・クレマン・ド・ボルドーの範囲であると云うことは忘れてはなりません。

従ってブライ関連のアペラシオンは名乗れなくても、条件さえ整えばボルドー、ボルドー・シュペリュールを名乗ることは可能であります。またクレマン・ド・ボルドーの製造も可能です。

アペラシオン・ブライは赤ワインのみ、葡萄品種並びにその構成に関する記述は

cépages principaux : cabernet-sauvignon N, cabernet franc N et merlot N ; ― cépages accessoires : carmenère N, cot N (ou malbec) et petit verdot N.

2° Règles de proportion à l'exploitation :
La proportion des cépages principaux est supérieure ou égale à 50 % de l'encépagement. La proportion de l'ensemble des cépages carmenère N et petit verdot N est inférieure ou égale à 15 % de l'encépagement. La proportion du cépage carmenère N est inférieure ou égale à 10 % de l'encépagement.

アペラシオン・コート・ド・ブライは辛口白ワインのみ、葡萄品種に関する記述は

cépages principaux : colombard B et ugni blanc B ; ― cépages accessoires : muscadelle B, sauvignon B, sauvignon gris G et sémillon B.

2° Règles de proportion à l'exploitation : La proportion des cépages colombard B et ugni blanc B doit être comprise entre 60 % et 90 % de l'encépagement. La conformité de l'encépagement est appréciée sur la totalité des parcelles de l'exploitation produisant le vin de l'appellation d'origine contrôlée.


一方、デノミナシオン・コート・ド・ボルドー・ブライは赤ワインと白(通例は辛口)ワインで旧法のプルミエール・コート・ド・ブライを若干モディファイしたような内容となっています。

新法の原本を見ると先程注意が必要と指摘したコミューン「Pugnac」がその範囲に指定されています。こちらがそのコミューンに関する記述のコピーですが

Anglade, Berson, Blaye, Braud-et-Saint-Louis, Campugnan, Cars, Cartelègue, Cézac, Civrac-de-Blaye, Cubnezais, Donnezac, Etauliers, Eyrans, Fours, Générac, Laruscade, Marcenais, Marcillac, Marsas, Mazion, Plassac, Pleine-Selve, la partie de la commune de Pugnac correspondant au territoire de Lafosse avant sa fusion avec celle-ci au 1er juillet 1974, Reignac, Saint-Androny, Saint-Aubin-de-Blaye, Saint-Caprais-de-Blaye, Saint-Christoly-de-Blaye, Saint-Ciers-sur-Gironde, Saint-Genès-de-Blaye, Saint-Girons-d'Aiguevives, Saint-Mariens, Saint-Martin-Lacaussade, Saint-Palais, Saint-Paul, Saint-Savin, Saint-Seurin-de-Cursac, Saint-Vivien-de-Blaye, Saint-Yzan-de-Soudiac et Saugon, et du 4 novembre 1992 pour la commune de Cavignac.

ですけど、INAOのサイトからコミューン「Pugnac」をデノミナシオンで検索するとワイン関連だけなら

AOC - AOP --Blaye
AOC - AOP --Bordeaux
AOC - AOP --Bordeaux supérieur
AOC - AOP --Côtes de Blaye
AOC - AOP --Côtes de Bourg, Bourg et Bourgeais
AOC - AOP --Crémant de Bordeaux

という結果しか出てきません。拙ブログのこちらでお話しした通り今はピュニャックに併合されてしまった旧コミューン名ラフォッスがそのまま登録されているのは如何なものかと思います。恐らく旧法そのままコピーしてサイトを作成したと考えられますが、フランスってこんな風にかなりアバウトな訳です。

ちなみにこちらをご覧下さい。コミューン・ドット・コムからコミューン名を「Lafosse」と入力して検索したら出てくる画面であり、間違いなく現在のコミューン名は「Pugnac」であります。

INAOのサイトも複数の担当者によって制作されているはず。人が作るサイトですから間違いあって当たり前なのでしょう。

従ってその範囲はブライ、コート・ド・ブライと同一と考えるのが妥当であり「ピュニャック」はデノミナシオン・コート・ド・ボルドー・ブライの範囲であると訂正して貰わないと困ります。

葡萄品種に関する記述は原文からコピーさせて頂くと

1° Encépagement :
a) Les vins rouges sont issus des cépages suivants : ― cépages principaux : cabernet-sauvignon N, cabernet franc N et merlot N ; ― cépages accessoires : carmenère N, cot N (ou malbec) et petit verdot N.

b) Les vins blancs sont issus des cépages suivants : ― cépages principaux : sauvignon B, sauvignon gris G, sémillon B et muscadelle B ; ― cépages accessoires : colombard B et ugni blanc B.

2° Règles de proportion à l'exploitation : a) Vins rouges : La proportion des cépages principaux est supérieure à 50 % de l'encépagement. La proportion du cépage cot N (ou malbec) est inférieure ou égale à 50 % de l'encépagement. La proportion de l'ensemble des autres cépages accessoires est inférieure ou égale à 15 % de l'encépagement. La proportion du cépage carmenère N est inférieure à 10 % de l'encépagement. b) Vins blancs : La proportion de l'ensemble des cépages accessoires est inférieure ou égale à 15 % de l'encépagement.
| ワイン雑感 |
| 11:50 PM | comments (0) | trackback (x) |
コメント

PAGE TOP ↑
コメントする








絵の中の文字を入力して下さい:



PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::アペラシオン・ブライ関連まとめ
All Rights Reserved./Skin:oct