ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

鮨 生粋@摂津本山
白木のカウンターになって早3回目の訪問です。鮨のお好きな整形外科医のS先生、ヨーロッパ食べ歩きのW女史と河内のヤンキーさんというウルサ型が揃って「つまみとにぎり」のフルコースを頂きます。

まずは「あこう」、擂り立ての山葵をタップリ付けて塩で食べると至高の旨さです。
続いていつもの鰹のスモークですが同じような写真ですので割愛します。


そしてここでは初登場の殻付き生海胆は岩手県宮古の馬糞海胆。ちょっと小振りですがとても綺麗なオレンジ色で甘さ抜群。


鱧の炙りは振り柚子で。

さらにとても大きな蒸し鮑、クリーミーな岩牡蠣、鮎の焼き締め、岩海蘊の酢の物、天然鰻の白焼きは山葵で、穴子肝の旨煮は粉山椒を振ってあり、いつもの蓴菜と生海苔でつまみは終了。

つぎはにぎりです。

最初は鯛の昆布〆。羅臼昆布の旨味が鯛の身に染み込んでます。

次は剣先烏賊、そして漬けまぐろ。


今日の中トロはとても綺麗です。


新子は8枚づけだったかな?

つづいて煮浅蜊、春子(かすご)。


由良の海胆はご覧の通り。ツブツブ感が伝わりますでしょうか。

えびに続いて手巻きのトロ鉄火、穴子2種類に玉、止め椀の赤出汁で終了と思ったのですが・・・


今日はデザートに酸漿トマトがおまけ^^

 鮨 生粋(きっすい)

 住 所  〒658-0016 神戸市東灘区本山中町 3-3-6
 電 話  078-411-1904
 営業時間 17:00~22:30(最終入店:21:00)
 定休日  月曜日・月1日火曜日 
 予 約  要予約
 座 席  カウンター9席、個室1部屋(4名様まで)
 カード  利用可
| 食べ歩き::お気に入りの店 |
| 11:55 PM | comments (4) | trackback (x) |
コメント
2日連続夙川への旅どすか。感服いたします。その胃袋と肝臓に。
| higemaster |2010/07/31 04:26 PM |
higemaster殿

昨日は夙川よりもっと遠い岡本どした。

ですがタクシーで夙川まで送ってもらい、夙川から阪急に乗りました。

連チャンなのでカロリーオーバー。
| Georges |2010/07/31 05:10 PM |
先日はご一緒させて頂きありがとうございました。

以前より少しシャリがしょっぱく感じたのは私だけでしょうか。

でも相変わらず、お料理のCPは良いと思います。

新しい木のカウンター気持ち良かったです。
くれぐれも赤ワインの持ち込みは避けてください。(ご主人より)
| 河内のヤンキー |2010/08/01 11:34 AM |
河内のヤンキーちゃま

うーん、私は所謂「江戸前鮨」と云われているお店すべてについて、帰宅して一眠りしたあとに喉の渇きを覚えます。

基本的にはつまみだけの方が有り難いのです。

なにも上塗りしないにぎりが好みなのですが・・・

ですから大阪寿司によく行くのです。

赤ワインの件は了解致しました^^

次回のご予約日時お忘れ無きようお願い申し上げます。
| Georges |2010/08/01 12:40 PM |

PAGE TOP ↑
コメントする








絵の中の文字を入力して下さい:



PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::鮨 生粋@摂津本山
All Rights Reserved./Skin:oct