ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

改訂されたボルドーワイン委員会のサイト
久し振りに日本語版ボルドー・ワイン委員会のサイトを拝見すると以前は57のはずだったボルドー・ワインのアペラシオンが何と3つ増えて60のアペラシオンになっています。

ところがその選べる範囲を見るとどう数えても55しか存在しません。何を根拠に60という数字を示すのか全く意味不明であります。

消費者が頼れるサイトであって然るべきですが、これはむしろ不信感を与えるサイトとなってはいないだろうか。

先ずはボルドー・ワイン委員会のサイトから60のアペラシオンを選択するとこちらの画面が開きます。

委員会では先ず6つのカテゴリーに分類しています。

1. ボルドー&ボルドー・シュペリウール
2. メドック&グラーヴ
3. レ・コート・ド・ボルドー
4. サンテミリオン、ポムロール、フロンサック
5. 辛口白ワイン
6. 甘口白ワイン

そもそもこの分類の方法が間違っていると私はご指摘申し上げたい。

なぜなら1~4は「地域別」の分け方ですが、5と6は「味」の違いによる分類方法。

当然ですがダブってしまうはず。

ヨーロッパのワインに詳しいサイトを見習い、全て地域別に分類すべきと考えます。

即ち全て地域別に分けると

1. ボルドー(全域)
2. メドック
3. グラーヴとソーテルヌ
4. アントル・ドゥー・メール
5. リブルヌ

地域別5つのカテゴリー分類ですが、これならアペラシオンの重複は避けられるはずです。


さてボルドーワイン委員会の分類については過去に取り上げました。拙ブログのこちらなどに詳しく書きました。改訂版でも同じような分類ですから間違ったままであることに変わりない様子です。

ではヨーロッパのワインに詳しいサイトはどのように細分化してあるのでしょうか。

先ずは1番目のボルドー全域に関するアペラシオンの分類は・・・

1-a AOC Bordeaux
1-b AOC Bordeaux Supérieur
1-c AOC Crémant de Bordeaux
1-d VDP Atlantique

ということですので、ボルドー全域に関するAOCは1-a、1-b、1-cの3つだけであります。

INAOでは、詳しく述べますと1-a はBordeaux下記に示す5つのデノミナシオン

Bordeaux blanc
Bordeaux blanc moelleux
Bordeaux clairet
Bordeaux rosé
Bordeaux rouge

それとBordeaux Haut-Benauge に属する2つのデノミナシオンに分かれます。

Bordeaux Haut-Benauge
Bordeaux Haut-Benauge moelleux

次に1-bボルドー・シュペリュールは

Bordeaux supérieur blanc
Bordeaux supérieur rouge

の2つのデノミナシオンになっております。

1-c のクレマン・ド・ボルドーCrémant de Bordeaux は

Crémant de Bordeaux blanc
Crémant de Bordeaux rosé
Vin destiné à l'élaboration de Crémant de Bordeaux blanc
Vin destiné à l'élaboration de Crémant de Bordeaux rosé

と4つのデノミナシオンに分類してあります。

如何ですか? ボルドーワイン委員会が主張するボルドー・クレーレ、ボルドー・ロゼはAOCボルドーの中に含まれる一つのデノミナシオンであり、アペラシオンではありません。 63min. 435Cal 74.5kg


| ワイン雑感 |
| 11:50 PM | comments (0) | trackback (x) |
コメント

PAGE TOP ↑
コメントする








絵の中の文字を入力して下さい:



PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::改訂されたボルドーワイン委員会のサイト
All Rights Reserved./Skin:oct