ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Château Rochers Bellevue 2006 AC Côtes de Castillon
シャトー・ロシェ・ベルヴュー、ACコート・ド・カスティヨンの2006年ヴィンテージでワインはABマーク付きのエコセール認定を受けています。

こちらをご覧下さい。葡萄栽培は2004年からビオ・ディナミを実践しているとのことです。

ところがほぼ同じ名称のワインが同じコート・ド・カスティヨンに存在するのでややこしい。Château Rocher Bellevue 、ロシェのあとに「s」が付いていない同名のワインがありましたが、さすがにややこしいと思ったのか今ではエチケットに「Caprice d'Angelique」を追加して、区別出来るようにしているみたいです。このカプリス・ダンジェリークは点数付け評論家が高く評価しておりメルロー100%の濃い濃いワインなのでしょうね、恐らく。

また大変有名になったChâteau Rocher Bellevue Figeac はお隣のサンテミリオン・グラン・クリュに存在します。まあこちらはアペラシオンが違うし、フィジャックの名前が付くので間違うことはないでしょうけどね。

似たような名前のワインは他の地域にもあるでしょうけど、同一アペラシオンの中では困りますよね。



さて開けてみましょう。

コルクは若干短めの長さ45mm、コルクの先端には澱らしきものがこびり付いています。

抜栓時にプーンと香るのが私は好みですが残念ながら香りは乏しい様子です。

グラスに注ぐと色が冴えない。2006年ですからもう少し溌剌とした赤色を期待したのですが既にエッジはオレンジの成分が多い感じであります。また澱が騒いでいる訳でもないのに透明感に欠けるのも魅力的ではありません。

しばらくグラスを廻していると香りが立ってきましたが妙に埃っぽいのが気になります。

いつも申し上げますが埃っぽいのをソムリエ諸氏は「スパイシー」と表現されることが多い。これはワインを良いようにしか形容しない言葉の1つであり、本来好ましくない香りを敢えてねじ曲げてしまうのは如何なものかと思う次第であります。

ワインを売る側の立場の人間の表現を飲む側の我々が真似するのは私は反対であります。

ワインの味香りを言葉で表現出来たところで、そのワインの味が変わるものではありません。

肝心なのは良いワインを仕入れて、熟成させて飲み頃になるまで大事に育てるのがソムリエの仕事であります。未熟な(有名であっても熟成を必要とする)ワインを平気でオン・リストしているフレンチなど私は言語道断と申し上げたい。

美味しいかそうでないかは人それぞれですけどね。

脱線してしまいましたが・・・ 味わい的には「味の芯が感じられない」ぼやけた味であります。メルロー主体とのことですがメルローらしい果実味が薄いし妙に甘さが舌に残ります。

葡萄栽培はなるほど良心的なのでしょうけど、肝心の醸造に問題があるのではないでしょうか? よくある単なるビオ・ワインとならないことを願って2008年や2009年ヴィンテージに期待したいと思います。
| ワイン日記::フランスワイン |
| 11:50 PM | comments (0) | trackback (x) |
コメント

PAGE TOP ↑
コメントする








絵の中の文字を入力して下さい:



PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::Château Rochers Bellevue 2006 AC Côtes de Castillon
All Rights Reserved./Skin:oct