ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Deidesheimer Kalkofen Riesling Spatlese Trocken 2003
昔ながらの細長い瓶ですが、味わいは結構シャープなキレがあります。甘くないとは言えませんが食事に合わないほどではありません。すき焼きなどに無理して赤を合わせるくらいならこのようなドイツワインの方が余程合うのではないでしょうか。
私はすき焼きというもの全く食べません。砂糖を使う料理に抵抗があります。その上醤油味がプラスされ肉本来の味を楽しむものではないと思います。肉はしゃぶしゃぶか生で食べるのが殆どでステーキもそんなに好物ではありません。最近考案して結構気に入っているのが低温鉄板焼き。しゃぶしゃぶ用の肉を鉄板の上に広げ保温レベルの温度で火を入れます。こうすると肉本来の旨さが保たれ脂との分離が避けられます。おろしポン酢に好みで柚子胡椒を入れ風味付けします。脂の強すぎる肉ではこの食べ方はお薦めできません。





| ワイン日記::ドイツワイン |
| 10:31 AM | comments (0) | trackback (x) |
コメント

PAGE TOP ↑
コメントする








絵の中の文字を入力して下さい:



PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::Deidesheimer Kalkofen Riesling Spatlese Trocken 2003
All Rights Reserved./Skin:oct