ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

9月の京都某所
東京や名古屋からわざわざお越し頂いた方々を含め9人で旨いもんを食する集まりです。雑誌の掲載お断りのお店ですがブログなどには結構取り上げられているようです。なんと云っても拘りは天然の旨いもの、日本各地から飛び切りの素材を集められておられます。

先ずは新作「くるみ餅風の前菜」、朝取りの無花果の上には大羽鰯とそのアイスクリームが載っています。見た目が堺名物のくるみ餅の餡に似ていますが味わいは全く異なります。

つぎはいつもの胡麻和え。この中身ですが菊の花弁、鹿尾菜、天然のシメジ、パイナップルなどいろいろ。

これは何と塩辛です。生海胆、あおり烏賊が中にいっぱい入っています。

そして本日のメインの1つ鱧は日本海壱岐対馬沖の物。骨切りしたてを皮目だけ炭火で炙ってありますが、皮の柔らかいことこの上なし。身は脂が程良く乗っており山葵と梅肉で頂きます。9月になれば名残の鱧と云われますが、それは昔のお話であり現状は物の本に書いてあるのとは大違いであります。また海流が変わったり、巨大な橋の建造などにより美味しい鱧の産地は変わってしまいました。いつまでも沼島の鱧が旨いと信じている人がやたら多いみたいですけど。

天然の鰻です。天然なのに皮が柔らかくこれまた非常に美味。鰻の下には賀茂茄子・肉味噌、こちらも出色の味わい。

本日のメイン4.7㎏の宍道湖の鼈。淡路島の玉葱の煮物に生麩と濃厚な鼈のスープ、これが本物の丸煮^^!

丹波地鶏のローストにゴーヤなどが入った酢味噌。

ここの蒟蒻を食べたら普通売っている蒟蒻が如何に質が悪いかよく分かります。

〆はいつもの和風オムライス。この餡掛けも鼈のスープなのですよ。

ホンマモンの美味しさを味わいたいなら是非お出かけ下さい。ワイン大学会員(登録・年会費など無料)にはお店のご紹介をしております。赤いガイドブックに載っていない京都のホンマに美味しい店いろいろあるのです。
| 食べ歩き::お気に入りの店 |
| 11:55 PM | comments (4) | trackback (x) |
コメント
ほかの日本料理店と全く違うのは、クオリティーの高いもの同士の組み合わせでオイシサ倍増のお料理を考案なさる大将の姿勢でしょうか。お話もお上手でたとえ一人で行っても退屈しませんね。
| higemaster |2009/09/12 04:27 PM |
higemaster殿

私がいろんなお店に通うのはその店主とのコミュニケーションを保ちたいと望むからです。美味しい店にはさらに美味しい物を知って頂きたいと思いますし・・・。

いくらお料理が美味しくても、その料理人に人間性に欠けると判断する場合があり、そんなお店には行かなくなります。

やはり尊敬出来る人物でなければお付き合いは難しいと考えますが如何でしょうか。
| Georges |2009/09/13 01:33 PM |
結局、お料理は造る人の人間性をもふくめて美味しい不味いを感じてしまいます。おっしゃる通り、尊敬出来る人でなければお付き合いは難しいですね。
| higemaster |2009/09/13 04:27 PM |
higemaster殿

ちょっとキツイ言い方ですが、勘違いしている料理人、結構居られます。

18時の予約で18時5分前に店に着いたら鍵が掛かって店に入れないと云うふざけた店などには二度と行きません。

お客の都合より店の都合を優先するような料理人、お客を迎え入れる心構えがなってない人間など商売しない方がよいと思います。
| Georges |2009/09/13 05:04 PM |

PAGE TOP ↑
コメントする








絵の中の文字を入力して下さい:



PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::9月の京都某所
All Rights Reserved./Skin:oct