ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

8月のディナーコース@綉花
新御堂筋を北へ、国道171号線の高架を越え初めての信号機(右手にカルフールあり)を右へ曲がり、一つ信号機を越えて道が行き止まりになる手前の右側という、極めて辺鄙な場所にある中国料理のお店です。

我が住処からは歩いて10分も掛かりませんので来客などの際によく食べに参ります。わざわざ遠くから来て貰う程の価値があるかどうかは分かりませんが、近所の人なら知っていて損はないはずでしょうね。

最初に前菜の盛り合わせ。右側から皮蛋に胡瓜の酢の物、豚の耳の冷製と白身魚のエスカベッシュ、青菜サラダの上にクラゲの酢の物とボイルしたシラサ海老、鴨ロースの薫製に破竹の中華煮込み、一番左は蒸し鶏のアーモンドソース。

電話でオーダーしていたのですが、ふと黒板メニューに視線が行くと・・・・

そこには「幻の魚・ネズミハタの姿蒸し ¥10,500」例の開高健が香港一旨い魚と持て囃した老鼠斑(ネズミハタ、香港では漢字で表すか「Spotted Garrupa 」で通用します)が書かれているではありませんか。

しかも、お値段は香港の何分の一というお安い価格で!

実際に香港へ行かれた方でこの老鼠斑の大きなモノを食べられた方は殆どおられないのでは・・・、小さいものでも福臨門などでは最低3万円はするはずです。

どんな魚ですって?

こちらをご覧下さい。

一番上の右側の写真にも写っていますが、「老鼠斑・ネズミハタ」と表示のあるのが成魚と思われます。ですがこの下の鬚眉:ナポレオンフィッシュ、福臨門だけ使うのでしょうか普通漢字では「蘇眉」と書いて「ソーメー」と発音します。

私は昔ワンチャイ(灣仔)の福臨門でこの老鼠斑を食べたとき2㎏程のものが確か8万円、当時隆盛を極めていた新同樂で約3.5㎏程の大物のお値段を聞いたら何と日本円で20万円と聞かされ仰天した思い出があります。

ですが生きているだけで長い間水槽に泳がされている魚は旨いはずがありません。老鼠斑といい蘇眉といい、そんなに驚く程の美味ではないことを申し上げます。

で、帰りがけに質問したら台湾から空輸で送られてきたものとのことで400グラム程度のものとのこと。当然冷凍物であります。獲れてすぐ冷凍したものであれば泳がされている水槽物より美味しいかも知れませんね^^ ご興味おありの方は挑戦してみて下さい!



スープは「フカヒレの中国醤油煮込み」、私には少し胡麻油の風味が強すぎました。

次はホタテ貝柱と季節野菜のカレーオイル炒め。アスパラとかセロリも入っています。

蒸籠に入っているのは焼売と海老餃子、そしてフカヒレ入り蒸し餃子。熱々でとても美味!

新生姜入り鶏肉の甘酢餡掛け。酢豚の鶏肉バージョンみたい^^

冬瓜入り春雨の土鍋。一応麺類に属するのでしょうか? 冬瓜は好みの食材です。

蓮の葉で巻いた、具入りのおこわ。かなりあっさり目に仕上がっています。

デザートはマンゴーのソルベ。

もう一種類は杏仁豆腐。

夜に来られるお客さんの殆どが「おこげ」を注文されておられます。毎回「次はあれを注文しないと・・・」と思いつつ、いつも忘れてしまうのは老人性痴呆症の初期症状でしょうか?
| 食べ歩き::お気に入りの店 |
| 11:55 PM | comments (2) | trackback (x) |
コメント
口に入れたことのない物を食べたいのは、人の常ですね。味わってみたいですが、どうせなら生きた物を。でもお高い、しかも「あんまりオイシイモンでもおまへんで」ですか。んでも、食べてみたいなー。
| higemaster |2009/09/02 03:13 PM |
higemaster殿

ネズミハタ、幼魚の時代はサラサハタと呼ばれ、かなり斑点の大きな物です。成魚になると斑点は小さくなりますが・・・

このお店はどちらが出てくるのでしょうね?

開高健氏に傾倒している人にはビッグニュースかも知れませんけど。

私は氏のせいでこの魚が馬鹿高くなったと思うのですけど。
| Georges |2009/09/02 04:21 PM |

PAGE TOP ↑
コメントする








絵の中の文字を入力して下さい:



PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::8月のディナーコース@綉花
All Rights Reserved./Skin:oct