ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Les Tannes Tradition Sauvignon Blanc 2008 Vin de Pays d'Oc Paul Mas
更新が画像だけで失礼しました。

ドメーヌ・ポール・マスの白ワインはソーヴィニョン・ブラン、ワインのカテゴリーで申し上げるとヴァン・ド・ペイ・ドックになり、アペラシオンによる区分けの1つ下のランクになるのは皆さんご存知の通りです。

ヴァン・ド・ペイであっても(上のランクの)アペラシオンを持つワインよりも美味しいことがよくあります。

後程ご紹介するアペラシオン・ボルドーと比較すると遙かにこちらの方がワインの質は良いと申し上げます。

先ずは栓についてどちらも同じ例の合成樹脂製で長さも同じ、39ミリと非常に貧弱であります。


ですがこのヴァン・ド・ペイは昔みたいなベチャッとした暑苦しい印象は全くありません。ステンレスタンク醗酵、同じくタンク熟成4ヶ月とのことですが摘み取った葡萄の選果が厳しくなったのでしょうか、妙な雑味は感じないのです。

フレッシュでフルーティー、しかもソーヴィニョン・ブランの特徴が良く表現されており柑橘系の香り、そしてアルコール分も南のワインとしては頗る控えめなので悪酔いもしないはずです。

1,000円を少々上回る価格帯ですが普段家で食べる夕食時には悪くない選択と考えます。


ところが少しお高いこちらのACボルドー・ブラン、全く何の取り柄もありません。

これを扱う輸入元にはボルドーワインに詳しい女性が居たのですが、結婚後に退社。

そのせいでしょうかボルドーACの悪い見本のようなワインであります。

色こそ濃いめですが、奇妙な匂いに刺激のきつい成分がかなり含まれているように感じます。

グラスに注ぐと煙みたいに白く渦巻く泡立ちは、良いワインに見られるものではありません。

温度を下げると普通は判断しづらくなるのですが、私にはボルドーワインとは思えないようなエグ味が感じられます。

価格で云うと先ほどのヴァン・ド・ペイより50円だけお高いのですけど・・・、価値で申し上げると倍程違うように私は思います。

輸入元の説明では「シャトー・バレイユ」となっており、「デュ」が抜けています。シャトー・イケム、ドメーヌ・シュヴァリエなどと表現したら笑われてしまいますが、名前は正確に表現して欲しいと私は思います。
| ワイン日記::フランスワイン |
| 11:50 PM | comments (2) | trackback (x) |
コメント
1000円ちょっとのワインを弊店のお客様が一番喜ます。お安く、おいしい、楽しいワインの提供が販売店、飲食店のますますのテーマになっていますね。
| higemaster |2009/07/30 05:41 PM |
higemaster殿

このワインは悪くないと思いますよ。

変に甘くないのでヘタる心配も不要でしょう。

ただ人造コルクなので例のオープナーは使えませんけど。
| Georges |2009/07/31 06:02 PM |

PAGE TOP ↑
コメントする








絵の中の文字を入力して下さい:



PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::Les Tannes Tradition Sauvignon Blanc 2008 Vin de Pays d'Oc Paul Mas
All Rights Reserved./Skin:oct