ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Bourgogne Côte-Chalonnaise 2007 Domaine Masse Père & Fils
ブルゴーニュ・コート・シャロネーズ2007年の白ワイン、生産者は「Domaine Masse Père et fils」で、初耳であります。

調べてみてもワイン関係の主立ったサイトには載っておらず辛うじて見付けたのがこちら、どうやら赤がお得意の様子ですが白ワインはどんな感じに仕上がっているのでしょうか?

早速開けてみたいと思います。

キャップシールはアルミの安物でトップに孔は2つ、コルクはかなり太い目の天然物でまあまあの品質でしょうか。

グラスに注ぐと結構粗い泡が液面一杯に立ちます。

ワインの色ですが、マセラシオン・ペリキュレールでしょうか、かなり濃い緑色を呈するので少しビックリです。コート・シャロネーズでは色の薄い、どちらかというとゴールド系の白ワインが多いのですが、ひょっとしてキッチリ造っているのかも知れません。
ですがこの泡立ちは余り感心しませんね。

口に含んでみると、残留亜硫酸は思った程きつくありません。舌を刺激する強い酸はあるものの果実味はしっかりしており、柑橘系の香りが非常に美しい。味の密度は高く、かと云って補糖は微塵も感じません。今すぐ飲むならセラーの温度で抜栓し、デカンターに移して、さらに元のボトルに戻して(繰り返しても構いません)それからクーラーで冷やせば良いでしょう。

魚沼産のグリーンアスパラを茹でてそのまま、またエクストラ・ヴァージンとパルミジャーノ・レッジャーノをまぶして食べるとワインとは良く合います。北海道のアスパラも良いですが魚沼産のアスパラは非常に香りがよいと思います。気に入ってる地鶏胸肉を鋳鉄のフライパンで焼きワインと合わせるとこれまた格別の味わい^^。

このワインまだ未発売ですがこのまましばらく置いて半年寝かせてから販売した方がよいと思います。
| ワイン日記::フランスワイン |
| 11:50 PM | comments (2) | trackback (x) |
コメント
半年先、来年あたまぐらいが良いのですね。お目にかかれるのを楽しみにしておきます。
| higemaster |2009/07/01 04:49 PM |
higemaster殿

亜硫酸が抜けると同時に若干熟成も進むのでなおさら良いかと思うのです。
| Georges |2009/07/01 05:23 PM |

PAGE TOP ↑
コメントする








絵の中の文字を入力して下さい:



PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::Bourgogne Côte-Chalonnaise 2007 Domaine Masse Père & Fils
All Rights Reserved./Skin:oct