ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Le Benaton @阪急夙川
ご近所のイタリアン、アルテ・シンポジオの荻堂シェフからご紹介頂き、来月のワイン大学定例会に使わせて貰うことと相成りました。取り敢えずはワイン大学メンバーのピチピチ・ギャルと建築設計士の3人で訪問です。

阪急夙川駅南改札口から歩いて3分程の通称「山幹」沿い南側にあり、梅田から約20分で到着できる便利なロケーションです。店内はシックにまとめられ照明もやや暗い目なのでデートや密談にも使えるかも。流れる音楽はクラシック、邪魔にならない緩徐楽章などが選ばれクラシック音楽の好きな人なら居心地の良い空間に間違いありません。

またダイニングには大きなワインセラーがあり、ワイン好きのシェフであることが窺えます。

先ずはアミューズ・グール、なんと潮際河豚(潮前河豚)と書いて「ショウサイフグ」と読む河豚の一種のマリネ。トラフグの季節のあと登場するのがこの河豚ですが上手に水分を飛ばしてありコリコリした食感で美味。オリーヴオイルも利いておりピンク・ペッパーがアクセントになっています。

オードブルは4種類程の中から好きなものが選べます。私が選んだのは「ヨコワとホタテ貝のタルタル、冷たいガスパッチョにキャヴィアを添えて」。新鮮な魚介類をタップリ供して頂けるので有り難い。パコジェットを使ったガスパッチョも面白いです。

本日の魚料理はブイヤベース。メインとなるのは小振りの鶏魚が丸1尾、それにチヌとカワハギ、そしてそのカワハギの肝などいろいろ入っています。やはり海外で長年修行されたシェフなのでボリュームが結構あり、私にはとても有り難い。

メインはこれまたいろいろ選べるのですが私は「フランス産鳩胸肉のアロゼ、そのアバを詰めた腿肉のコンフィ」をチョイス。本格的なブルゴーニュ料理が大変リーズナブルな価格で食べられるのが有り難い。

メインのあとはグリーンサラダかフロマージュ盛り合わせの選択ですがもちろんチーズを選びます。フルムダンベール、モルビエ、アフィネ・オー・シャブリと出てきますのでワインをもう一本頼みたくなります。

デセールはムニュをオーダーするときに一緒に注文するシステムですが、フランスではこれが常識です。理由はデセールの中には時間が掛かるものが結構あるからで私の選んだこちらもその一つです。ガトー・ショコラと書いてありましたがどちらかと云うと「温かいショコラのフォンダン」、添えられるソルベも美味。

プティ・フールも旨い!


ワインは予めギンギンに冷やして貰ったシャンパーニュから。

Champagne AR Lenoble CUVÉE INTENSE Brut NV 詳しくはこちらをご覧下さい。

Crémant de Bourgogne Brut NV Doudet Naudin

Gevrey-Chambertin Aux Etelois 2005 J.Claude Rateau

京都のア・プ・プレと並ぶ大変リーズナブルなフレンチ・レストランであり、お料理は本格派、ワインの価格はお安いので強くお薦め致します。居心地も良いのでつい長居してしまいました。
| 食べ歩き::お気に入りの店 |
| 11:55 PM | comments (3) | trackback (x) |
コメント
アラカルトがなさそうなので、
どうかな?と思ってましたが
とりわけ魚の使い方が良さそうですね。
| elephant |2009/06/30 10:14 PM |
ご近所ですわ。ランチに行く予定にしてたところです。近々伺います。楽しみどす。
| higemaster |2009/07/01 04:53 PM |
elephantさま

お久しぶりでございます。プリフィックススタイルですのでア・ラ・カルトと変わらないと思いますよ。+アルファも余りありませんし^^。

ディネは6,500円と8,500円に特別コースは前もって予約が必要かも知れません。

ボリュームもありますし、フロマージュはコースに含まれています。

よろしおまっせ^^!
| Georges |2009/07/01 05:29 PM |

PAGE TOP ↑
コメントする








絵の中の文字を入力して下さい:



PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::Le Benaton @阪急夙川
All Rights Reserved./Skin:oct