ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

10000アクセス有難うございます。
多くの方にご覧頂くようになり大変有り難く思っております。

ワインは食事と共に楽しむもの、論議の対象にしたくありません。

ワインを飲みながら楽しい食事を気の合った仲間と共にしたい、という私の希望をご理解下さい。

このワイン日記はあくまで私の主観によるものでワインの評価ではありません。

人の好みはいろいろありますので鵜呑みにはしないで下さい。

私の場合は化学調味料を使った料理は好みません。出来るだけ良い素材を単純な調理法で食べております。

従ってワインもこねくり回したり濃縮機ガンガンのものは好みません。

さて、サンプルワインの続きです。南オーストラリアはアデレイド近くに本拠を持つハーディーズ・ワイナリーのカベルネ2003 。フルーティーで葡萄の熟した良い香りがします。色も綺麗な紫がかった赤色を呈し味わいは万人向けの甘さを残したタイプに仕上げています。刺激臭やえぐさも皆無です。しかし残念ながら飲み飽きてしまうのではないでしょうか? 私はもう少しドライでキレのある方が好みです。しかし値段が安ければ一般受けするのは間違いありません。写真のラベルはサンプル用のもので市販のものとは異なります。






| ワイン日記::その他ワイン |
| 04:46 PM | comments (0) | trackback (x) |
コメント

PAGE TOP ↑
コメントする








絵の中の文字を入力して下さい:



PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::10000アクセス有難うございます。
All Rights Reserved./Skin:oct