ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Canals & Munné Cava Insuperable Brut Métode Tradicional
スペインのシャンパーニュ方式で造られたカヴァ、生産者はカナルス&ムンネと読むのでしょうか、生産者のこのワインに関するHPはこちらをご覧ください。

葡萄品種はMacabeu 40%, Xarel·lo 30% and Parellada 30%. (それぞれマカブー、シャレッロ、パレリャーダ)と書いてあります。瓶内第2次醗酵期間は25ヶ月とのことですので下手なシャンパーニュより長い訳です。

シャンパーニュは出荷価格(蔵出し)で最近は10ユーロを超えてしまうので、この不景気に飲んでる場合ではないであろうとカヴァに人気が移りそうな気配であります。日本だけで人気と煽られているRMですが、以前に申し上げた通り生産が追いつかないため瓶内二次醗酵の期間が著しく短くなっています。

と、当然のように味が薄っぺらくなってしまっているのですが、一般の人は銘柄だけで買うので味の変化に気が付かないようです。実際に比較して確かめる人は少ないでしょうけど私が飲んだ限りでは10年ほど前とでは雲泥の差があります。
さて開けてみましょう。

ミュズレを外そうと左向きに捻ろうとしたら逆でした。シャンパーニュとの違いはミュズレの結び目が逆捻り?^^! でもコルクは例の高級品、特殊加工を施したブショネにならないコルクを使っています。

これだけで評価は高くなりますね。

内圧はかなり高くシャンパーニュと同じ位、ですから5気圧はあるでしょう。グラスに注ぐと意外と泡が細かい。

ですが香りは(シャンパーニュとは)全く異質であります。すぐに思いつく品種はシャレッロ、そしてパレリャーダ。マカブーが入っているとは気が付きませんでした。

ですが決して悪い匂いではありません。ひねた匂いでもなく、ミントのようなハーブ系に桃のような香りが混ざっています。

しばらく飲んでいても甘さが舌に残ることはありません。すっきりした辛口で実に爽やか。食事時に飲むにはお薦めであります。

店頭販売価格で2,000円までですので価格もリーズナブル。ちなみに生産者直売価格はPRICE: 8.20 € となっていますので今の日本円に換算すると1,100円位でしょうか。

この生産者ならコルクの心配はなさそうなのでいろいろ飲んでみたいと思います。
| ワイン日記::スペインワイン |
| 11:55 PM | comments (2) | trackback (x) |
コメント
昨今はすべて、お安いがテーマになってますね。そういう時代にこういった優秀なカヴァは重宝します。弊店では最近、お安くて優秀なイタリアの赤泡=ランブルスコを求めるお客様もいらっしゃいます。流行るかしら。
| higemaster |2009/04/01 04:21 PM |
higemaster殿

ランブルスコはまずパルミジャーノがお好きな人なら大丈夫のはず。一緒に飲んで頂ければご理解頂けます。

カヴァはまだこれからいろいろ試してみますね。
| Georges |2009/04/01 04:56 PM |

PAGE TOP ↑
コメントする








絵の中の文字を入力して下さい:



PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::Canals & Munné Cava Insuperable Brut Métode Tradicional
All Rights Reserved./Skin:oct