ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

ワイン大学第287回定例会は野菜の美味しいル・ジャルダン
ワイン大学定例会は毎月最終木曜日(たまに第4木曜のときもあり)に開催する料理とワインを楽しむ会です。ワインを楽しむためには先ずお料理が美味しくなければなりません。

ここ西区のル・ジャルダンは何と云っても野菜が美味しいのです。

前菜の一品目は鱈白子のソテーにセロリアックのヴルーテ、トッピングは芽葱。カリッと香ばしくソテーされた白子に根セロリのスープがよく調和します。

次は氷見産の寒鰤をスモークしたもので背と腹の二切れの下には菜の花のピューレが敷いてあり菜の花のポッシェと黄色い人参が添えられ白髪葱が天盛りされます。

鴨のフォワグラは例の最高品質のもので、ソテーされ人参のピューレとともに味わいます。ご覧の通りトリュフが載っていますが飾りではなくとても薫り高いホンマモンのトリュフです。人参が甘いことこの上なし!

お料理はまだまだ続きます。

魚は鱸、刺身にも出来る活かったものでポワレにするのが勿体ないかも知れませんが「生で旨い魚は焼いても旨い」訳であります。ソースはキャベツのソース、遠藤シェフの野菜使いが光ります。

河内鴨は2種類の調理法で1つはロースト、切り身の向こう側に二つ目のお料理が隠れていますが海老芋と手羽元を軽く煮込んだものが添えられているのです。この海老芋がメチャ旨^^! トリュフもタップリ!!

デザートも手抜きはありません。チョコレートのムースに胡麻のチュイール。

関西一旨いとどこかのオコチャマが褒めるフレンチ、私が行ったときは料理にラップの残骸が入っているなど私から云わせて貰うと最低の料理店であり、西区ではこちらのお店が数段美味しいと思います。

まあ人の好みは様々ですけど。

| ワイン大学 |
| 11:59 PM | comments (4) | trackback (x) |
コメント
素材重視、料理のテクニック抜群。ならば、出てくるお料理のレベルがわかろうというもの。んが、私はまだ、このお店に訪問出来ていません。春が来るまでにはゆっくり味わってみたいと思います。
| higemaster |2009/01/30 04:15 PM |
higemaster殿

ここのお料理は野菜が美味しいです。いやホンマ、魚も鴨も付け合わせもいけます。

有名店ではありませんが味は確かどす。シェフも気さくな人ですし好感が持てます。

1つ気になるのが禁煙ではないこと。全面禁煙にして貰うよう要望しておりますけどね。
| Georges |2009/01/30 06:01 PM |

お野菜loverなので、大変気になるお店です。
キャベツのソースに生唾ごくりです。

ワイン大学は、初心者且つGeorgesさんとお会いしていないわたしでも参加出来るのでしょうか。
| ゆりりんこ。 |2009/01/31 03:56 PM |
ゆりりんこ様

書き込み有難うございます。

このお店ル・ジャルダンは本当に野菜が美味しいレストランです。先日は全席借り切ってワイン大学定例会を行いスペシャル・メニューをお願いしましたけどフォワグラのお料理や河内鴨は前もって予約すると(人数にもよりますけど)作って貰えるはずです。

ワイン大学は事前にメールフォームからご本名で連絡先などご登録頂ければどなたでも参加出来ます。今回はネットから新しい会員さんがお越しになりました。

メイル頂ければ詳しくご案内申し上げます。
| Georges |2009/01/31 04:29 PM |

PAGE TOP ↑
コメントする








絵の中の文字を入力して下さい:



PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::ワイン大学第287回定例会は野菜の美味しいル・ジャルダン
All Rights Reserved./Skin:oct