ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

なが坂@神戸・中山手通
「郷に入っては郷に従う」という言葉の通り私はその地に強いグルメ・グルマンの情報に従うことにしています。今回の訪問は毎度コメントして頂く higemaster ことI先生のご教示により日本酒のスペシャリスト「大宗」さんのご紹介で訪問することに相成りました。訪問に先立ちこちらのHPも参考にさせて頂きました。

先付けです、海老芋の煮物と車海老に菜の花と木の芽が添えられます。春を感じさせる温かい一品で、寒さを忘れホッとします。

お正月なので前菜はご覧の通り。松葉に黒豆、この黒豆は炊いてから蜜に漬け込むタイプで好み。小付けは海鼠酢、タタキ牛蒡に数の子など盛り付けも丁寧です。

と、青磁の横長のお皿が出てきてけん、大葉そしておろしたての山葵が盛られます。

鮨屋のつまみみたいに次々とお造りが登場します。最初は鯛、松皮造りですが身の甘さに驚きです。山葵と添えられる塩で頂きます。

つぎは明石の蛸。よく塩もみしてあるのでしょう、茹で加減は最高です。生臭みなど全くありませんが芯の部分はレア、コリコリ感はあるものの中はしっとり。これまた身の甘いこと!

次は針烏賊。隠し包丁が施され食感が見事! 魚介類の鮮度は特筆すべきものばかりです。

最後に赤貝ですがご覧の通りかなりのボリュームです。


お椀はお雑煮。牛蒡に餅、下には鴨のつくね。熨斗人参に金箔があしらわれ吸い口は柚子。

先程の青磁の皿に残ったあしらいは梅肉とともに紫蘇巻きとして供されます。この海苔が非常に香ばしいのです。

焼き物は鰆の幽庵焼き。織部焼きの器ですがしっかり温かい。冷たい料理の器は冷やし温かい料理の器は温かくして供されます。さすがは招福楼出身の料理人!

揚げ物です。白魚の唐揚げと蓮根ですが注目すべきはこの仕上がりの色。ここまで白く揚げるのは大変難しいはず。

蒸し物は蕪蒸し。木耳や山海の珍味がいろいろ入っています。出汁もしっかり効いてます。

ご飯ものはお寿司です。めはりずしのアレンジでしょうか、中身はトロとイクラ。これははじめての食感ですが何とも贅沢なお寿司であることに違いはありません。

次にこれは何と鯖寿司。とてもユニークですがこれまた旨い!

追加でお願いした穴子にぎり。

デザートがないのはご愛敬でしょうか。実直なご主人と洗練された店内、ワインとともに楽しむことの出来る空間はもちろん全席禁煙です。あちらこちらと食べ歩いた方ならお分かり頂ける大人のお店です。お薦め!

なが坂 神戸市中央区中山手通 2-11-1 電話 078-272-2332 日曜祭日定休 要予約
| 食べ歩き::お気に入りの店 |
| 11:53 PM | comments (4) | trackback (x) |
コメント
先生のブログはワインもそうですが、料理(外食)の勉強にもなりますね。
舌の確かな方が綴る簡潔な文章と綺麗な写真で、私も毎回学んでおります。
このお店は地元から近いので、ぜひ伺ってみようと思います。
| 喜多川大地 |2009/01/17 03:10 PM |
喜多川大地さま

ご投稿有難うございます。

神戸ポートピアホテルにあった招福楼にお勤めの後大阪北新地の鮨屋で修行を積んだご主人です。

このお料理を祇園で食べたらかなりの料金になると思いますが、ワインの持ち込み料も含めて一人¥13,000 は私は格安だと思います。

店構えも周辺のお店とは一線を画するものですので必見です。
| Georges |2009/01/17 03:38 PM |
私の店の焼酎、日本酒は東灘のお酒屋さん、大宗さんに卸してもらっています。このなが坂さんもそうです。いうならば、身内のお店のようなものです。
至らぬ点も多々あったと思いますが、丁寧で好意的な論評ありがとうござます。辛口で切れ味鋭い感覚の持ち主、Georgesさんにご推薦いただいて感謝いたします。長坂氏は、気の良い男です。これからもよろしくお願いいたします。
| higemaster |2009/01/17 04:37 PM |
higemaster殿

有難うございます。

慣れないせいかもしれませんが、接客はかなりぎこちないように感じました。

お料理を供するときに素材の説明などあれば一層美味しさが増すはずです。

敢えて申し上げますが言葉は重要であります。
| Georges |2009/01/18 05:43 PM |

PAGE TOP ↑
コメントする








絵の中の文字を入力して下さい:



PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::なが坂@神戸・中山手通
All Rights Reserved./Skin:oct