ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Bourgogne Hautes Côtes de Nuits Blanc 2005 Domaine Chevillon-Chezeaux
似たようなワインが続きますけどこちらは2005年のブルゴーニュ・オート・コート・ド・ニュイ、厳密に申し上げるとラベルの表記はINAOの規定に則っていません。ブルゴーニュ・オート・コート・ド・ニュイのワインはアペラシオンとしてはブルゴーニュに属しておりブルゴーニュ・オート・コート・ド・ニュイはそのデノミナシオンに過ぎません。こちらのINAOのHP、左のメニューから「Produits」をクリックして一番上の「Liste des AO, IGP, LR」を選択してクリックして画面を変え、
Recherche de produits: の下のボックスにカーソルを置き「Entrez ici nom……」のところに「bourgogne」と入力すると全部で56もの項目が現れます。その上から19番目に当たるのが「Bourgogne Hautes Cotes de Nuits Blanc」であり、右端の〔Texte〕をクリックすればブルゴーニュに関するアペラシオン・コントロレの原文が現れます。その右隣の〔Fiche〕をクリックすればこちらの詳細項目が現れます。重要なのはAppellation は「Bourgogne」、Dénominationは「Bourgogne Hautes Côtes de Nuits」ということであります。

どういうことかと申しますとワインの名称は「Bourgogne Hautes Côtes de Nuits」でありますが原産地統制呼称法の下でのワインの識別は(即ちアペラシオンの名前は)「Bourgogne」ということになります。

ボルドーでも例のボルドー・コート・ド・フランを独立したアペラシオンと混同している方が多いのですけど、このアペラシオンは単なる「ボルドー」でしかありません。
こちら
をご覧頂ければご理解頂けると思います。 

まあいずれは単独のアペラシオンを取得するとは思いますけどね。
さてそれではブルゴーニュとブルゴーニュ・オート・コート・ド・ニュイはどう違うのか?

先ず後者の生産可能なコミューンを見るとコート・ドール県のArcenant, Bévy, Chambolle-Musigny, Chaux, Chevannes, Collonges-lès-Bévy, Curtil-Vergy, (L') Étang-Vergy, Flagey-Echézeaux, Magny-lès-Villers, Marey-lès-Fussey, Messanges, Meuilley, Nuits-Saint-Georges, Premeaux-Prissey, Reulle-Vergy, Segrois, Villars-Fontaine, Villers-la-Faye の19のコミューンに限られます。

つづく
| ワイン日記::フランスワイン |
| 11:26 PM | comments (0) | trackback (x) |
コメント

PAGE TOP ↑
コメントする








絵の中の文字を入力して下さい:



PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::Bourgogne Hautes Côtes de Nuits Blanc 2005 Domaine Chevillon-Chezeaux
All Rights Reserved./Skin:oct