ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

今福東のトンカツ屋
第3水木は連休なので以前から気になっていた今福東のトンカツ屋に出向く。場所はネットで調べていったにも拘わらず分からない。ようやく見つけたが駐車場の有無を電話で問い合わせると「店の前に駐めて下さい」とのこと。よりによってバス停前なのだが周辺には何台もやはり駐めてあるようだ。
お昼時を外していったのだが先客は一組で私のあと少し遅れて二人連れが来店。そのどちらもが座ってすぐタバコをふかし始めるのである。どちらも女性で、辺りを見回すと同じような太めの体型の人ばかりが客である。
新聞雑誌がこぞって取り上げるので覗いてみたが、結果から申し上げると多分二度と行くことはないだろう。特選のフィレかつを頼んだが全く豚の旨味を感じ取ることは出来ない。肉叩きで思い切り肉の繊維を潰してしまっているのであろう。ソースは別に添えられるが豚カツソースの類で別に芸もなし。横にたっぶりそえられるコールスローは見事だが上に掛かってあるドレッシングはしつこいというか化学調味料たっぷり含有の代物である。みそ汁もまともな作り方とはとても思えない。漬け物は業務スーパーによく置いてあるものと同じ。中ご飯のセットで代金は 1470 だが、これなら東大阪の「おざわ」へ行く方が余程値打ちがある。「おざわ」なら黒豚ロースのもっと分厚い豚カツを思う存分楽しめるしサイドに付けられる小鉢も豊富でご飯は食べ放題、それで1100 である。





| 食べ歩き |
| 02:25 PM | comments (0) | trackback (x) |
コメント

PAGE TOP ↑
コメントする








絵の中の文字を入力して下さい:



PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::今福東のトンカツ屋
All Rights Reserved./Skin:oct