ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

シャトー・ボネのエチケット
8v0429.jpg
先日のワインですがこのエチケットを見ておかしいと思われた方はおられませんでしょうか? 「写真が拙いからわからん!」とご立腹されずによくご覧下さい。まず気付いて頂きたいのはアペラシオン・ドリジーヌ・コントロレ即ちAOCの表記がありません。余計なことばかり印刷されていて肝心のアルコール度数や内容量、生産者の住所地やそのほかの必要事項が見当たりませんね。
で、今日の写真をご覧下さい。これはボトルの裏側に貼られている普通裏ラベルと呼ばれるものの上半分フランス語で書いてある部分であります。
表のエチケットに不足しているというか全く規定通りではないため、裏ラベルに法規制通りの記載があるわけです。
ワインの基本中の基本であるラベルの読み方、不思議に思わない方は別ですけどしっかりと読む習慣を付けたらワインを開けずしてその内容が見えてきます。

さて今日はワイン以外のお話、季節なので新茶について申し上げたいと思います。ネットで手軽に買うことが出来るものの一番有難いのは音楽CDと専門書そしてこのお茶ではないでしょうか?まあ少なくとも私の場合は重宝しております。 勿論出店しているのはかなりの数に上りますが20社位試してもっとも気に入っているのが「茶いち」片桐製茶です。他の通販ではかなり高額単価のものでないとあまり美味しくありませんでしたが、ここの場合100グラム数百円台のものでかなりのレベルのお茶に出会えます。また少々お高いかも知れませんが深蒸しの新茶(100グラム1500円)など香りと味の余韻が全く違うと私は感じます。
出汁に使う昆布とか鰹節は見て買わなければなりませんがお茶は通販で自分の好みに合うところが見つかれば探し歩く手間を考えると通販で十分間に合うのではないでしょうか。
| ワイン雑感 |
| 07:46 AM | comments (0) | trackback (x) |
コメント

PAGE TOP ↑
コメントする








絵の中の文字を入力して下さい:



PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::シャトー・ボネのエチケット
All Rights Reserved./Skin:oct