ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Bourgogne Chardonnay 2005 Domaine Pierre Labet
7v1223.jpg更新していないように思われるかも知れませんが葡萄品種はシャルドネで同じ造り手の白ワインであります。さて「ブルゴーニュ」と名の付くワイン、何種類あるかご存知でしょうか? よくご存知のブルゴーニュ・オート・コート・ド・ボーヌやニュイは今や一般的になっていますが、「シトリー」ならまだしも「ラ・シャペル・ノートルダム」に至ってはワイン通を自認される人でも殆どご存知ないはずであります。ワイン関連のこのアペラシオンは何と53も存在します。


BOURGOGNE ALIGOTE
BOURGOGNE ALIGOTE PRIMEUR
BOURGOGNE BLANC
BOURGOGNE CHITRY BLANC
BOURGOGNE CHITRY ROUGE
BOURGOGNE COTE CHALONNAISE BLANC
BOURGOGNE COTE CHALONNAISE ROUGE
BOURGOGNE COTE SAINT-JACQUES BLANC
BOURGOGNE COTE SAINT-JACQUES ROUGE
BOURGOGNE COTES D'AUXERRE BLANC
BOURGOGNE COTES D'AUXERRE ROUGE
BOURGOGNE COTES DU COUCHOIS
BOURGOGNE COULANGES-LA-VINEUSE BLANC
BOURGOGNE COULANGES-LA-VINEUSE ROUGE
BOURGOGNE EPINEUIL BLANC
BOURGOGNE EPINEUIL ROUGE
BOURGOGNE HAUTES COTES DE BEAUNE BLANC
BOURGOGNE HAUTES COTES DE BEAUNE ROUGE
BOURGOGNE HAUTES COTES DE NUITS BLANC
BOURGOGNE HAUTES COTES DE NUITS ROUGE
BOURGOGNE LA CHAPELLE NOTRE-DAME BLANC
BOURGOGNE LA CHAPELLE NOTRE-DAME ROUGE
BOURGOGNE LE CHAPITRE BLANC
BOURGOGNE LE CHAPITRE ROUGE
BOURGOGNE MONTRECUL BLANC
BOURGOGNE MONTRECUL ROUGE
BOURGOGNE MOUSSEUX
BOURGOGNE ORDINAIRE (ou GRAND ORDINAIRE) BLANC
BOURGOGNE ORDINAIRE (ou GRAND ORDINAIRE) PRIMEUR BLANC
BOURGOGNE ORDINAIRE (ou GRAND ORDINAIRE) ROSE (ou CLAIRET)
BOURGOGNE ORDINAIRE (ou GRAND ORDINAIRE) ROUGE
BOURGOGNE PASSE-TOUT-GRAINS ROSE
BOURGOGNE PASSE-TOUT-GRAINS ROUGE
BOURGOGNE PRIMEUR BLANC
BOURGOGNE ROSE (ou CLAIRET)
BOURGOGNE ROSE (ou CLAIRET) CHITRY
BOURGOGNE ROSE (ou CLAIRET) COTE CHALONNAISE
BOURGOGNE ROSE (ou CLAIRET) COTE SAINT-JACQUES
BOURGOGNE ROSE (ou CLAIRET) COTES D'AUXERRE
BOURGOGNE ROSE (ou CLAIRET) COULANGES-LA-VINEUSE
BOURGOGNE ROSE (ou CLAIRET) EPINEUIL
BOURGOGNE ROSE (ou CLAIRET) HAUTES COTES DE BEAUNE
BOURGOGNE ROSE (ou CLAIRET) HAUTES COTES DE NUITS
BOURGOGNE ROSE (ou CLAIRET) LA CHAPELLE NOTRE-DAME
BOURGOGNE ROSE (ou CLAIRET) LE CHAPITRE
BOURGOGNE ROSE (ou CLAIRET) MONTRE-CUL
BOURGOGNE ROUGE
Bourgogne Tonnerre
Bourgogne Vézelay
CREMANT DE BOURGOGNE BLANC
CREMANT DE BOURGOGNE ROSE
VIN DESTINE A L'ELABORATION DE CREMANT DE BOURGOGNE BLANC
VIN DESTINE A L'ELABORATION DE CREMANT DE BOURGOGNE ROSE
この他にオードヴィーが二つありブランデーを含むと55のアペラシオンがあると云うことになります。
さて昨日に引き続き同じ生産者のブルゴーニュ・ブラン2005年、どんなワインなのでしょうか?
キャップシールは赤が赤色で白は白の無地、材質は昨日と同じ錫箔。高いのならこういったところにも気を配るべきでしょう。ボルドーはキャップシールに神経を使うところが多いのですが、ブルゴーニュではあまり見掛けませんね。コルクは昨日のと同じ長さ50ミリの高級品で書いてあることも全く同じ。引き抜いたときには何の香りも出てきません。
グラスに注ぐと意外にもかなり薄い色しか呈しておりません。薄黄緑色のそれも彩度が低く、もう少し色付いていても良さそうな感じであります。グラスのせいかもしれませんがぐるぐる回してもシャルドネの風味はあまり感じられず、何かウィスキーの原酒みたいです。
口に含むと強い目のアルコールは感じますが鼻腔を擽るワインの風味が感じられません。「固い」という表現が妥当なのでしょうが、同時にワインとは無縁の樽のエキスみたいなものを強く感じます。
大昔のお話、1979年のルイ・ラトゥール、コルトン・シャルルマーニュのドメーヌから蔵出しを1986年に頂いたことがあるのですが、ちょうどそのときの印象に似ているように思います。「グラン・クリュとは比較にならんだろう」と思われるでしょうが、実際際立った酸とエキスの濃厚さは分かるのですがワインとしての魅力には乏しい感じがしたのは同じであります。
白ワインですのでそう長くはかからないと思いますが、飲み頃となるまで最低一年はかかるでしょうね。ただそれだけ待って花開くかどうかは確率30%といったところでしょうか?
| ワイン日記 |
| 11:33 AM | comments (0) | trackback (x) |
コメント

PAGE TOP ↑
コメントする








絵の中の文字を入力して下さい:



PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::Bourgogne Chardonnay 2005 Domaine Pierre Labet
All Rights Reserved./Skin:oct