ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Mas des Tannes 2006 Domaine Paul Mas
7v1128.jpg汚いラベルで申し訳ございません。何も値切って買ったわけではないのですがラベルにはこすり傷があります。で、書かれているこのラベルの内容ですが輸入元の説明によると「~フランス語では詩のようになっています~
畑は地中海のすぐ近く、南フランスの港町セテとペセナの間にあるベスィユの丘陵地にあります。穏やかな気候の下に育まれた畑は、強く健全な北風に守られながら、 太陽の光をいっぱいに浴びて季節ごとに生き生きとした表情を見せています。
歴史と生命に溢れたこの砂利混じりの土壌に深く根を張った畑はまた、近隣に生息する多くの生命活動をも保護しています。
私たちのブドウの樹に最高の果実をつけ、 (このようなシンプルな言葉では表現しきれないような) 素晴らしいワインを造ることができるのは、 自然界の調和---とても興味深く魅力的で穏やかで信頼できるもの---を尊重することに他なりません。
Jean-Claude MAS 」とのことであります。

さらにワインの説明は次に続きますが「凝縮感のある濃い赤紫色。チェリーやブラックベリーなど果実の香り、スパイス、ローストしたコーヒーなどの複雑な香りが、口中でプラムやスパイスの香りへと変化していきます。リッチで滑らか、豊かなタンニンはまさにフルボディ。ジャムのような濃厚な味わいはヴァニラやトースト香などの長い余韻へと続きます」またテクニカルデータというか詳細については「ヴァン・ド・ペイ・ドック、赤・フルボディ、ブドウ品種 : グルナッシュ 45%、カベルネ・ソーヴィニヨン 40%、ムールヴェードル 15%、樹齢 : 平均17年、土壌 : 赤土混じりの砂利と粘土石灰質、収量 : 36hl/ha、年間生産量 :12,600本、熟成 : オーク樽熟成(新樽30%、1年樽35%、2年樽35%)」とのことですが裏ラベルには「Mas des Tannes Vin de Pays des Coteaux de Bessilles」とハッキリ書いてあります。
ワインの名称即ち産地を間違って貰うと困りますが、一番困るのはこのワイン「ブショネ」であります。ですから交換して貰うことにして小生のコメントはまた別の日に改めたいと思います。
不吉な予感、またブショネが出ました。明日はワイン会なのに・・・。ブショネは続くどこまでも・・・なんてことにならないように祈願しに行こうかな^^。
| ワイン日記::フランスワイン |
| 10:00 AM | comments (0) | trackback (x) |
コメント

PAGE TOP ↑
コメントする








絵の中の文字を入力して下さい:



PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::Mas des Tannes 2006 Domaine Paul Mas
All Rights Reserved./Skin:oct