ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

第243回英ちゃん冨久鮓で味わう究極の会
令和2年では初めての道頓堀 英ちゃん冨久鮓で味わう究極の会、大勢のメンバーにお集まり頂きこの場を借りて厚く御礼申し上げます。

令和2年はどんな特選素材が登場するのか、先ずは先付からの始まり始まり。


穴子の稚魚、のれそれをポン酢で頂きます。ヴーヴレのエクストラ・ブリュット・ミレジメと山廃仕込みの日本酒に合わせます。


口取は氷頭鱠、鮑柔らか煮、一寸豆、酢蓮根に菜の花の辛し和え。


出ました、本日の特選素材は天然の寒鰤。角切りみたいな感じですが凄い脂がのっています。口の中でとろけそうな大トロ、これには熟成飲み頃を迎えたグラーヴ・ルージュが大変良く合います。

画像では大葉の陰に隠れていますが超極細の大根のケンも実に旨い。


出ました本日2番目の特選素材は極太の太刀魚塩焼き、食べ応えあり過ぎのデカい太刀魚、特製の英ちゃん焼き台で焼かれるため焦げ目は殆どつかずに中までしっかり火が通っています。

私は半生の焼き魚とか、ミキュイの魚料理を有難くは思いません。しっかり焼いても旨い魚は旨いのです。

この料理と次の料理にはすでに消滅してしまったサンテステーフのシャトーを合わせます。飲み頃とはこういうワインを指すわけで2015年のグラン・ヴァンを今頃飲んで旨いというソムリエなど全く信用しません。


本日の特選素材第3弾は北海道で獲れてもキンキと名の付くキチジ、恐ろしいほど良質の脂がのっています。また凄いボリュームですがあっという間に完食。

▼続きを読む
| ワイン日記 |
| 04:59 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2020年01月26日
All Rights Reserved./Skin:oct