ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

ジューダ・バレリーノ@南海高野線大阪狭山市駅
我が街箕面からだと京都河原町へ行くより時間がかかってしまう大阪南部の狭山、狭山遊園があったのは昔のお話で今はその存在は無い。

ややこしいのは狭山駅と大阪狭山市駅の2つの駅が存在するということ。

ジューダバレリーノさんは「大阪狭山市」駅から河内長野方向に向かって左手に進むと右手に見える階段を上がったところに入り口のあるお店である。1階は調理場でゲストルームはさらに階段を上がった2階、結構広いダイニングルームである。

予約していたためかウェルカムスパークリングワインを供されディナーのはじまり、はじまり。


先ずは寒い夜なので「玉子で溶いたローマ風ミネストラ」、ローマ料理のミネストローネはトマトを使わないとのこと。優しい味わいで体が温まる。


続いて「玉ねぎのスフォルマートと手長海老のグリリア」、スフォルマートとは型から取り出すというイタリア語で、それがそのまま名前になったユニークな料理とのこと。美味しい。


さらにスップリ 「ローマ風ライスコロッケ」も出来立てほやほや。


立て続けに色々出てきて「ローマ風豚のコッパ」、結構手間のかかりそうな一品。


とりあえず前菜の盛り合わせみたいに並べてみた。


更にさらに前菜は続き「カリフラワーのパンナコッタ マグロ、マダコ、天然ツバスのタルタル、イクラ、ブロッコリースプラウト」、これまた実に手間暇かけられたであろう労作、もちろん旨い。


「赤ピーマン、ニンニク、アンチョビのテリンナ ヒラアジのマリナート」魚介類も新鮮である。


そして「ローマ風のトリッパの煮込み」は内蔵の匂いもなく上手に仕上げられている。


ここで近所のパン屋さんのオリーヴパンが登場、中にオリーヴがいっぱい入っていてワインが進むのだ。
このパンは狭山駅近くにある「Pan-biyori」パン・ビヨリさんの物、近くの人ならぜひ一度お試しあれ。

▼続きを読む
| 食べ歩き::お気に入りの店 |
| 04:22 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2019年12月01日
All Rights Reserved./Skin:oct