ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Galibia B



ガリビアという白葡萄、トリビアではない。いつものサイトには葉も無ければ葡萄房も無いという為体、VIVC にはちゃんと画像がある。フランス政府は登録する段階で画像ぐらいは用意しなければならないはず。

VIVC によると開発者はアルフレッド・ガリベール氏とエリック・クロンドル氏という二人の共同開発とのこと。しかし親子関係などについては全く分かっていない。アルフレッド・ガリベール氏は1913年生まれで1998年没なのでその間に開発された葡萄のはず。

シノニム(GALIBERT 14-5 と GALIBERT COULONDRE 14-5)からこちらのサイトを調べると後者は4番目に載っているが、アルフレッド・ガリベールの一覧表にはガリベール14-5 に相当するものは見当たらない。

種間交雑により生まれた葡萄に違いないが、出所もはっきりしないしおまけに2016年栽培面積ゼロ葡萄なので新規登録する必要性を全く見い出せないように思う。
| ワイン雑感 |
| 05:32 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2019年08月19日
All Rights Reserved./Skin:oct