ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

第234回英ちゃん冨久鮓で味わう究極の会献立発表
来る二十日土曜日午後7時開催の第234回英ちゃん冨久鮓で味わう究極の会の献立が発表され次の通りに決まった。

先付 稚鮎酢漬け

口取 城下鰈縁側骨唐揚げ、蛍烏賊ボイル酢味噌、蕨、こごみ、うるい

向付 大分日出より直送城下鰈造り、あしらい一式

煮物 牛肉と筍の花山椒煮

焼物 きんき塩焼き、いぶりがっこ、クリームチーズ

酢物 かつおたたき、刻み胡瓜、大蒜、薬味ポン酢

揚物 天麩羅・鱚、鯛白子、蓮根、タラの芽、雪塩

蓋物 浅蜊酒蒸し、若布、三つ葉

すし ちらし鮨・小鯛、烏賊、蒸し海老、穴子、いくら、錦糸卵、椎茸、花丸胡瓜、がり

果物 小玉西瓜

飲み物はプレミアム・シャンパーニュ、ワインいろいろそして日本酒もご用意。

現在までに6人のご予約を承っている。

知っている生産者から正規の経路で輸入されるワイン、現地のセラーで熟成させたワインなどとにかく信頼できるワインとホンマモンの魚介類との出会いは実に素晴らしいものである。


| 英ちゃん冨久鮓で味わう究極の会 |
| 05:37 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2019年04月10日
All Rights Reserved./Skin:oct