ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Terret gris G


テレ御三家のうち果皮色グリの葡萄、拙ブログではこちらで取り上げた。画像はいつも拝借するサイトよりも鮮明だと思われるこちらから拝借した。

こちらのサイトではテレ御三家は古くからフランス特にラングドック地区で栽培されていた葡萄とのこと。しかし現在ではアペラシヨンを有するワインにはほとんど使えなくなったため他の葡萄に植え替えられ、栽培面積は著しく減少している。

Pl@nt Grape のサイトでは2016年の栽培面積僅か41ヘクタールとなってしまった。



画像を拝借したサイトではテレ・グリだけで造られたワインも紹介している。

ヴァン・ド・ペイ今で云う IGP だが熱心なファンが居てるとか。

アペラシヨン・パレットでは唯一その使用が認められているがこちらで指摘されている10%以下ということは無い

アペラシヨン・パレットの白ワインの葡萄規定は

a) - Les vins blancs sont issus des cépages suivants :
- cépages principaux : araignan B (dit picardan B), bourboulenc B, clairette B, clairette rose Rs ;
- cépages accessoires : colombaud B, furmint B, grenache blanc B, muscat à petits grains B, muscat d’Alexandrie B, pascal B, piquepoul blanc B, terret gris G (dit terret-bourret), ugni blanc B.

また栽培割合の規定は
a) - Vins blancs
- La proportion des cépages principaux est supérieure ou égale à 55 % de l’encépagement ;
- La proportion du cépage terret gris G est inférieure ou égale à 20 % de l’encépagement.

つまりパレットの白ワインの主要葡萄はアレニャン(通称ピカルダン)、ブルブランク、クレレット・ブランシュ、クレレット・ロゼ。同じく補助葡萄はコロンボー、フュルマン、グルナッシュ・ブラン、ミュスカ・ア・プティ・グラン・ブラン、ミュスカ・ダレクサンドリ、パスカル、ピクプール・ブラン、テレ・グリ(通称テレ・ブレ)ユニ・ブラン。

主要葡萄は全体の55%以上、テレ・グリは20%以下という規定。即ち10%以下という規定は存在しない。

| ワイン雑感 |
| 05:52 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2019年04月01日
All Rights Reserved./Skin:oct