ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Seinoir N



セイベル博士が種間交雑を重ねて得たワイン醸造用黒葡萄、発音はセイノワールかもしれない。シノニムはただ一つ 8745 Seibel 、生い立ちなどについては拙ブログのこちらを参照されたし。生産者の示した系図は次の通り



VIVC 最新データはこちら、2年前と比べると画像が増えている。ペディグリーを辿っていくと系図のそれと大体一致するが、父母が入れ替わっていることもあり、一致しないところもある。

フランスで栽培される葡萄によると2016年のフランスでの栽培面積は64ヘクタールとハイブリッド葡萄としては健闘している部類だ。

ハイブリッド葡萄の類はフィロキセラの襲来の後は積極的に植え付けを奨励されたが、近年 AOC ワインに使えないため植え替えられてしまうのが殆ど。当該葡萄もその一つであり、IGT 昔のヴァン・ド・ペイでのみその使用が認められている。
| ワイン雑感 |
| 06:07 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2019年02月04日
All Rights Reserved./Skin:oct