ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

第231回英ちゃん冨久鮓で味わう究極の会
英ちゃん冨久鮓で味わう究極の会はお江戸の達人ご欠席という寂しい新年会と相成った。先ずはプレミアム・シャンパーニュで乾杯。


先付はイクラ醤油漬けに柚子。イクラはプチプチ派とねっとり派に分かれるが英ちゃんは後者のタイプ。プチプチした食感を好む人もおられるが小生は表皮の柔らかい方が好みである。まあ好き好きだろうが・・・


口取は中央に子持ち昆布、右隣の酢蓮根から時計回りに牛蒡醤油漬け、蕪のあちゃら漬けそして棒鱈の煮物。正月に相応しい一皿。


本日の特選食材は虎魚也。薄造りといってもかなり分厚い、肝と胃袋の湯引きまで添えられポン酢で。河豚より旨いかも。


虎魚のアラはさっと炊いてポン酢で。皮も身も全て平らげる。


煮物は白魚の玉〆。

▼続きを読む
| 英ちゃん冨久鮓で味わう究極の会 |
| 11:11 AM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2019年01月20日
All Rights Reserved./Skin:oct