ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Ribol N




リボルというフランス農学研究所で交配により生まれた黒葡萄、拙ブログではこちらで取り上げたが、ワイン用葡萄と云うよりこちらの様に食用葡萄として栽培されているようだ。

VIVC の最新データはこちら、親子関係などは以前述べた通りで用途はワイン用そして食用とある。念のため交配などをコピーすると

Pedigree confirmed by markers OLIVETTE BLANC × ALPHONSE LAVALLEE
Prime name of parent 1 OLIVETTE BLANCHE
Prime name of parent 2 ALPHONSE LAVALLEE
Parent - offspring relationship
Breeder Truel, Paul
Breeder institute code FRA139
Breeder contact address INRA - Unité Expérimentale du Domaine de Vassal & Montpellier SupAgro
Year of crossing 1958

オリヴェット・ブランシュとアルフォンス・ラヴァレはどちらもそのペディグリーが書き換えられているので注意したい。つい最近までのオリヴェット・ブランシュアルフォンス・ラヴァレのデータと比較して頂きたい。アルフォンス・ラヴァレは父母が入れ替わっているではないか! まだまだ遺伝子の解明は進んでいないという証左である。

レ・セパージュのサイトはこちら、どんなワインに使われるかはこちらのサイトを参考にされたし。画像を拝借しているこちらによると2016年フランスでの栽培面積は 76ha とのことだ。

| ワイン雑感 |
| 03:46 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2019年01月16日
All Rights Reserved./Skin:oct