ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Précoce de Malingre B




プレコス・ドゥ・マラングル、拙ブログではこちらに書いた通り現在に至るまでそのルーツは書き換えられていない。最新の VIVC データでは遺伝子の解析結果を発表している。交配は1840年パリのマラングル氏による。

Prime name  MALINGRE PRECOCE
Color of berry skin  BLANC
Variety number VIVC  7249
Country of origin of the variety  FRANCE
Species  VITIS VINIFERA LINNÉ SUBSP. VINIFERA
Pedigree as given by breeder/bibliography  BICANE × PINOT
Pedigree confirmed by markers  BICANE × PINOT
Prime name of parent 1  BICANE
Prime name of parent 2  PINOT
Breeder Malingre
Year of crossing 1840

正式名称 マラングル・プレコス
果皮色 白
交配に関わった人物によるその両親となる葡萄 ビカンヌ×ピノ
遺伝子の解析結果 ビカンヌ×ピノ
母親正式名称 ビカンヌ
父親正式名称 ピノ

レ・セパージュのサイトではピノ・ブランにリンクしているが、ここでいうピノとはピノ・ノワールやピノ・ブランではなく遺伝子の解析によりその存在が予測される理論上の葡萄 PINOT であり実体は未解明であるためリンク先は無い。実体が確認できないため果皮色なども不明、もちろん原産国も不明という葡萄である。

尚ビカンヌはフランス原産の白葡萄だがフランス政府はそれを自国で育つ葡萄とは認識していないため登録していない。発音はこちらを開くと第1音節にアクセントがあることが分かる
| ワイン雑感 |
| 05:31 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2019年01月09日
All Rights Reserved./Skin:oct